騒音は何時までなら許すべき?騒音を解消する方法とは?

一括見積もりって、お得に引っ越せる反面、「電話がしつこい」イメージがありますよね。

プロの営業マンから、1時間おきにかかってくる電話。

「できるなら、しつこい電話が一切無しに、格安で引越ししたい。」

そう思いますよね。

ひこ助

僕も一括見積もりには、かなり悩まされました。

5つの会社から順番に電話が鳴るので、かなりイライラして、妻に八つ当たりしそうでした。。。

しかも、業者が代わるだけで、毎回聞かれる内容は同じです。

これでは、引越しが嫌いになりますね。

ひこ助
「一括見積もりサイト」は便利なはずですが、僕には合っていなかったみたいです。

でも、中には僕の悩みが全て解消できる「すっごい見積もりサイト」があることを知りました。

ちょっとだけ話すと、

勧誘電話が一切来ないので、全くストレスがない。

専属の引越しのプロがついて、引越業者との価格交渉を丸投げできる。

ひこ助
「今まで何に悩んでいたんだろう?」と思うくらい画期的でした!

そんな「引っ越し業者選びで成功した方法」はこちらで詳しく紹介しています。

近年、騒音トラブルのニュースが、テレビや新聞で良く取り上げられているようになりましたね。

実際、平成28年には、約16,000件もの騒音被害を訴える苦情の声が、環境省へ寄せられています。

そんな中、「騒音と思っているのは私だけ?」「騒音を訴えてクレーマーと思われるのでは?」と、騒音問題を解決できずにいる人は少なくありません。

そこで、多くの人が思う騒音に対する許容範囲時間騒音の悩みをどう解決したら良いのかに焦点を当ててご紹介します。

常識的に生活音の騒音が許される時間帯と許されない時間帯とは?

一般的に騒音を控えるべき時間帯

一般的に多くの人が、夜の21時以降、もしくは22時以降から翌日の6時ごろまでは、騒音なく過ごしたいと思っています。

なぜなら、「夜は静かに過ごしたい」「夜は日中の疲れをいやすためにリラックスしたい」と、願っているからです。

ゆっくりと静かに過ごしたいと思っている時間帯に、毎日毎日大きな音が漏れ聞こえてきたり、ドッスンバッタンと暴れる音が響いてきたら誰しも不快に感じますよね。

日中ならまだしも、毎日毎晩その音を聞き続けるのは大きなストレスにつながります。

なぜ夜から翌朝に騒音を立てられると、日中よりも不快さやストレスを感じるのかというと、それには理由があります。

人間の体は、太陽の光を浴び、脳や体を活性させるセロトニンを分泌します。

セロトニンが分泌されることで、日中、活発的に活動できると共に、安定した精神を作ることができます。

また、夕方からは、徐々に睡眠を促すメラトニンというホルモンが分泌されるようになります。

このホルモンの影響を受け、夜になると眠くなり、しっかりと休むことで疲れを取り健康な体を作っているのです。

しかし、騒音によって、その睡眠が妨害されると、心身は強い疲れを感じ続けます。

さらには、朝の目覚めは悪く、日中は仕事に集中できないほどの強い睡魔に襲われると言った、悪影響を生んでしまう可能性をグッと高めてしまいかねません。

だからこそ、夜21時もしくは22時以降から翌朝6時ごろまでの時間に聞こえる騒音は迷惑でしかないのです。

法律面における騒音の基準

騒音に悩まされている時、一般的な意見を参考にされる人が多いと思います。

しかし、一般的な側面だけでなく、法律の側面からも理解を深めることも大切です。

確認するポイントは、3つです。

  • 環境省が制定している騒音規制法
  • 各自治体が設けている騒音規制条例
  • 住んでいるマンションやアパートなどの管理会社や大家さんが定めたルール

以上の3点を確認してください。

まず、騒音トラブルが相次いでいる一方であまり知られていないのが、騒音規制法です。

この法律は、環境省が地域環境や作業内容などを考慮し、住みやすい環境を整えるために制定した規制法です。

騒音規制法では、夜22時から翌朝の6時までは、騒音45㏈以下に抑えることが目安として記載されています。

45㏈とは、室内にいて近隣の音が聞こえるが、気にならない程度のことを指します。

もし、22時以降に45㏈以上を上回る我慢できないほどの音が聞こえてきたら、それは「騒音」と捉えます。

次に、各自治体が定めている騒音規制条例です。

各自治体それぞれが、その地域に合った騒音に対する基準を設けて、制定した条件です。

地域によって条例内容が異なるため、気になる人は、住んでいる地域のホームページで確認してみてくださいね。

最後に、マンションやアパートの管理会社や大家さんが、騒音に対するルールを設けている場合です。

この場合は、契約書に記載されていたり、掲示板に貼り出されていたりとさまざまですが、住民全員の共通認識として共有されていることがあります。

騒音問題の対策として知っておくと参考になります。

住んでいるエリアや年齢層でも騒音に対する考え方が違うことを理解する

今までと全く違う環境へ引っ越してみるとわかることですが、地域ごとに住んでいる人の生活リズムが異なります。

例えば、都心部にマンションを借りている場合、住民の中には夜型の人も大勢いらっしゃいます。

そんな方々からすれば、夜の時間帯こそ活動時間であり、一日で一番活発的になる時間でもあります。

そのため、21時や22以降に、多少騒音がしても気にしないという考えを持っている人が多い傾向にあります。

その一方で、閑静な住宅街に住んでいる人は、都内のマンションやアパートに住む人に比べ、比較的年齢層が高い人が多い地域が存在します。

そのため、就寝時間が早く、夜間に起きている場合でも、近隣に迷惑をかけないように、21時以降は静かに過ごすといった傾向が強いのです。

その地域性や住んでいる年齢層によって、生活スタイルや考え方が異なることを理解し、自分の生活スタイルと照らし合わせて考えると、騒音トラブルを事前に防げる可能性が高まります。

また、騒音に悩んでいる場合は、住んでいる地域性や住んでいる人たちの年齢層を見直してみるのも一つの手かもしれません。

悩ましい騒音を解消する6つの対処法

「常識的に考えても、うるさすぎる!」

「もう我慢の限界!」

「すぐにでも、騒音を何とかしたい!」

としたいと思っていても、どう解決していいかわからない人や感情のままに怒鳴り込んでトラブルが大きくなってしまった人が大勢います。

そこで、上手に騒音トラブルを解消するための6つの方法を教えます。

  1. 騒音がいつ何時に、どれくらいの間、聞こえているのかなどの詳細を記録しておく
  2. 壁をドンドンと鳴らして、「このぐらいの音が聞こえていますよ!」と知らせる
  3. 手紙などの書面で、困っていることを伝える
  4. 直接お宅を訪問し、状況を説明した上で、静かにして欲しい時間帯を提案する
  5. 直接伝えるのが不安な場合は、まずは管理人に相談する
  6. 最終手段として警察へ通報する

騒音を出している側は、自分が騒音を出しているという認識がなく、周囲にどれほど迷惑をかけているか、わかっていない場合がほとんどです。

そのため、いきなり怒鳴り込むことは避け、できるだけ冷静に礼儀正しく、状況や自分の気持ちを伝えることで、平和的に解決することができます。

そうは言っても、直接伝えるのは少なからず不安やリスクを感じてしまうものです。

そんな時は、迷わず第三者の力を借りた方が、悩んでいる時間よりも早く解決するでしょう。

まとめ

騒音は何時までなら許すべき?騒音を解消する方法とは?

  • 夜21時から22時以降から翌朝6時ごろまでは、できるだけ静かにするのがマナー
  • 法的な基準は、環境省、各自治体、管理会社や大家さんの3ステップで調べる
  • 地域差や年齢層の違いによって、騒音に対する考え方や捉え方が異なることを理解する
  • 悩みの種である騒音を解決するために、6つの騒音対策を試みる

今回は一般的な騒音の許されない時間帯と騒音を解消の対処法についてご説明しました。

騒音に対して悩みがあるときは、一般的な考え方だけでなく法的な視点を持ち、冷静に対処することをオススメします。

また、自分だけで解決が難しい場合は、周囲の協力を得ることも効果的です。

皆さんも今回の記事を参考に、騒音トラブルを平和的に解決してくださいね。

まだ直接引越業者に電話見積もりをしているんですか?

その判断、めちゃめちゃ損ですよ。

引越業者が提示する金額が、一番安いとは限りません。

むしろ営業マンは「価格交渉をすることを前提」で話すので、何も知らないでいると「本来の2倍以上」お金を取られてるかもしれませんよ。

仮に単身引越しの金額が10万円と言われた場合、ホントは5万円程度で引越しができたかもしれません。

その差は5万円です!

お得に引っ越す方法を知らないだけで、悲劇が待っています。

働いて稼ぐとしても、時給1,000円として頑張っても50時間も必要です。

1ヶ月のうち4分の1も、タダ働きになっちゃいますよ。

ひこ助
逆に5万円あったら、何をしようかな?

もし引越し先にエアコンが無くても、あなたに知識があったお陰で、ほぼ無料で手に入りますよ。

引越しを頑張ったんだから、ご褒美に美味しいものを食べちゃいましょう!

上手に引越しをする人は、これと言って難しいことをしている訳ではありません。

「一括見積もりサイト」を活用して、「価格交渉をする」たったこの2つだけです。

どんな見積もりサイトが良いのか?

あなたに合ったベストな見積もりをしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です