入居審査なしの賃貸物件ってあるの?その時に必要なものと注意点は?

一括見積もりって、お得に引っ越せる反面、「電話がしつこい」イメージがありますよね。

プロの営業マンから、1時間おきにかかってくる電話。

「できるなら、しつこい電話が一切無しに、格安で引越ししたい。」

そう思いますよね。

ひこ助

僕も一括見積もりには、かなり悩まされました。

5つの会社から順番に電話が鳴るので、かなりイライラして、妻に八つ当たりしそうでした。。。

しかも、業者が代わるだけで、毎回聞かれる内容は同じです。

これでは、引越しが嫌いになりますね。

ひこ助
「一括見積もりサイト」は便利なはずですが、僕には合っていなかったみたいです。

でも、中には僕の悩みが全て解消できる「すっごい見積もりサイト」があることを知りました。

ちょっとだけ話すと、

勧誘電話が一切来ないので、全くストレスがない。

専属の引越しのプロがついて、引越業者との価格交渉を丸投げできる。

ひこ助
「今まで何に悩んでいたんだろう?」と思うくらい画期的でした!

そんな「引っ越し業者選びで成功した方法」はこちらで詳しく紹介しています。

Aさん
一国一城の主になりたい!

それは人間ならば誰しもが抱く夢ですよね。

「城」というと少し大げさかもしれませんが、「一人暮らし」という言葉にとても魅力を感じますよね。

今は実家で両親と暮らしているけど、いつかきっと一人暮らしをするんだ!

と夢を見ながら日々勉学にバイト・勤労に励んでいる方々も多いです。

しかし、部屋を借りる際に、映画でおなじみのレッドクリフでも越えるのが困難なのが「入居審査」です。

一人暮らしを夢見る方にとっては、なんとかしたいですよね。

今回は「物件を借りる時の入居審査のために必要な条件と注意点」をご紹介します。

入居審査ってそもそも何?必要なものや注意事項はあるの?

「一人暮らしをしたい!」

と思っていても、部屋探しや賃貸契約を行う時に、誰もが絶対に避けて通れない問題が「入居審査」です。

幾ら「この部屋が気に入ったから、ここに住みたい!」と思っていても、

大家さんや不動産会社からの信用を得られないと、部屋を借りることはできません。

例えば、

「家賃を滞納せずに、毎月きちんと支払ってくれるのか」

「隣人や他の住人といざこざなどの問題を起こさないか」

「部屋を汚したり、壁を傷つけて備品を壊さないか」

などの厳しい条件があります。

この問題を通り抜けるために、目を通しておくべきことを下記に挙げますね。

入居審査を行う際に必要になるものは?

賃貸契約に必要になる書類は、主に以下です。

  • 運転免許証、マイナンバー、保険証、パスポートなどの身分を証明できるもの
  • 入居者の全員の住民票
  • 契約者の印鑑証明書
  • 納税証明書や源泉徴収票、確定申告書といった本人の収入を証明できるもの
  • 保証人となってくれる人の収入証明書や印鑑証明書、住民票など保証人を証明するもの
  • 借主となる人の実印

これ以外にも、契約する意思表明のための申し込み金または預り金というものが、必要な時もありますよ。

これは、物件を契約するまでの予約金みたいなものです。

預かり金は返金してもらえるの!?

私は、以前一人暮らしをするために不動産会社へ行き、いい物件を探していました。

すると、お部屋も広く、築浅で素敵なお部屋があったので、

「ここの物件が良いかな。」

と思い、不動産会社の方に伝えました。

ただ、家賃が思っていたよりも高く、

「これから毎日、自炊をしないと生活が大変になる。」

とすごく悩みました。

数日間考えたのですが、やはり家賃は安い方が良いと思い、住む予定だったけどキャンセルすることに決めました。

不動産会社へ預かり金として、家賃一ヶ月分を支払っていたのですが、賃貸契約はまだしていませんでした。

宿泊などの予約をキャンセルするときは、キャンセル料が掛かる時があるので、

「キャンセルする時に、預かり金は全額返ってくるのかな?」

と、すごく不安でした。

でも、「契約前なので全額返金しますよ。」

と対応してもらえたので、良かったです。

もし契約が成立しなかった場合、返還してもらえるので安心してくださいね。

入居審査には「安定した家賃支払い能力」が大切

雇用形態によりますが、勤続年数が長ければ長いほど、家賃の支払い能力が高いとみなされます。

そのため、審査を通過することは簡単になりますよ。

例えば、無期雇用である「正社員」が当てはまりますね。

一方で、貯金や職務経歴が無いと、契約することが難しくなってしまいます。

そのため、パートやアルバイトといったフリーターの方や無職、生活保護の受給者の方は、

「なかなか審査に通らないな」

と、困ってしまうかもしれません。

また家賃の金額は、契約者の年間収入も契約に関係してきます。

「あれ?契約者の収入が少ないけど、毎月家賃を払えるのかな。」

と判断されてしまうと、審査に通ることは難しくなってしまいますよ。

審査が不要な物件は、あまり存在しない!?

「契約のための審査の通過は決して簡単ではない」

とわかって頂けたのではないでしょうか?

そして実際のところ、「無条件で契約できる物件」というものは、あまり存在していません。

先ほどもお伝えしましたが、「入居審査」というものは、賃貸契約をする上でどうしても避けては通れないんです。

Aさん

えー!?

だったら、入居条件がない物件は存在しないのかな?

この記事を読まれている方の中には、そういった疑問を抱く人もいますよね。

すぐに賃貸契約が可能な部屋は、かなり頑張って探せば、出てくるかもしれません。

でも、対象件数は極端に少なくなるので、

「無条件で住める部屋をたくさん見つけた!」

とはならないので、気をつけてくださいね。

そのお部屋を見つける方がかえって難しいんです。

なので、「契約条件が厳しいものではなく、審査が限りなくゆるい物件」を見つけることをオススメします。

では、どうしたら「審査がゆるい物件」を見つけられるのでしょうか?

そんなお部屋を見つける方法をお伝えしますね。

審査がゆるい物件の特徴は?

一般的に契約前の調査が甘い条件は、大体下記の3つのような特徴があります。

  • 水商売のような夜のお仕事ができる
  • 家賃が極端に安くなっている
  • 不動産会社が訳もなく勧めてくる

これら3つの物件の調査は、どうしてゆるいと思いますか?

次にお伝えしますね。

「水商売可」の物件

まず夜のお仕事可の物件はどうして審査が甘いんでしょうか?

それは、水商売自体が元から審査に受かりにくい職種のひとつだからなんです。

皆さんは、水商売と聞いてどんなイメージがありますか?

多くの方は、高給取りというイメージがあるかもしれません。

そんなイメージのある水商売ですが、職場によっては完全歩合制というところもありますよね。

そのため不動産会社から見ると、

「毎月安定して収入がないから、家賃を滞納される危険がある」

と判断されてしまいます。

その結果、収入が多いにも関わらず、毎月安定した家賃の支払い能がない」と見なされるケースが非常に多いんです。

また一般の人とは逆転した生活リズムも、なかなか契約できない理由の一つでもあります。

夕方から夜に掛けてお仕事に行き、明け方まで働く場合が多いですよね。

同じマンションの住人の多くが、寝ている時間帯に足音や生活音が起きると、

「みんなが寝てる時間なのに、いつもうるさいな」

とトラブルの原因になってしまう可能性があります。

なので、水商売可と書かれているものは、契約条件をゆるめに設定していることが多いんです。

「住める部屋がなかなか無いな」

と不安に思っている方でも、お部屋を借りれる可能性が高くなりますよ。

「家賃が極端に安い物件」や「不動産屋が執拗に勧めてくる物件」

これらはもう言うまでもありませんよね。

例えば、過去に何か事件が起きた部屋であったり、住人トラブルが多くて人が入らない「訳アリ物件」です。

何年も前から売りに出しているにも関わらず、一向に売れない物件ですね。

何かしら問題があったなら、住みたいとは思わないですよね?

このような不人気で売れ残りのお部屋は、事件などの問題以外にも立地条件も関係しているんです。

駅から何mも離れた場所にあったり、周囲にコンビニやスーパーが無くて、住むのに不便なので、あまり人気がありません。

ですが、候補の一つ程度に考えておくはアリだと思いますよ?

家賃保証会社、連帯保証人代行会社を探そう!

「契約審査の基準がゆるい物件」の特徴を幾つかご紹介しました。

しかし、おそらくは読んだ方は誰もが

「それってつまりは悪い物件なのでは……?」

と思いますよね。

確かに、「あまり住みたいとは思わないな」

というようなデメリットの多い部屋が「審査がゆるいこと」につながります。

ですが、このようなお部屋にも良いところはありますよ。

それは審査条件がゆるいと「保証人が不要」ということです。

保証人不要物件ってなに?

保証人を必要としない物件です。

賃貸契約するにあたって「安定して家賃を払える能力」以外にも大家さんや不動産会社は

「連帯保証人がいるかどうか」

を重要視します。

これは家賃の滞納だったり、「ご近隣トラブルや迷惑行為のリスクの担保のために必要不可欠なものです。

連帯保証人がいなければ、借りることができません。

ですが、最近は、親や夫婦間の不仲など、色々な事情があって親族に保証人を頼めない方もいますよね。

「退職するから、社宅から出ないといけないけど、実家に帰るのは気が引けるな。」

「職務経歴に書けることが無いな。」

「貯金や収入に不安はあるけれど、物件を借りたいな。」

など、色々な悩みを持つ方がいますよね。

そのような方のために、審査がゆるい物件には、保証人を必要としないものがありますよ。

保証人が不要な物件は多い

「連帯保証人代行会社」は賃貸契約者本人の保証人の代わりに法人で代行するサービスです。

このサービスが適応される物件は「保証人不要の物件」などの条件があるので、確認が必要です。

また、部屋によっては「家賃保証会社」との契約が必須条件のものもあります。

他にも、

  • 期間限定で貸し出してくれる「定期借家」の物件
  • 不人気の売れ残り物件
  • 訳アリ物件
  • 水商売可の物件

なども保証人不要な物件がありますよ。

こまめに不動産会社に通うことで、

「どんな物件があるかな?」

探してみると、あなたに合ったお部屋が見つかりますよ。

まとめ

契約の審査に必要なことと注意点は

  • 大前提として審査が不要な物件はあまり存在しない
  • 限りなく条件がゆるい物件はある
  • 連帯保証人が見つからない時は、家賃保証会社、連帯保証人代行会社を利用する

今回は、件を借りる時の入居審査のために必要な条件と注意点」についてご紹介しました。

しかし、残念ながら「審査なしで借りられる賃貸物件」というものは、限りなく探すのが難しいです。

賃貸契約する際に、絶対にお世話になる大家さんからすれば、

資産である物件を、安心できない人には貸すわけにはいかないからです。

そのために「入居審査」を突破するためには様々な条件があります。

その条件とは

  • 無期雇用契約の正社員
  • 連帯保証人がいる方

です。

これらの条件をクリアしている限りは、まずどんな賃貸契約も可能です。

しかし、フリーターやパートタイマーといった「非正規雇用」の方や無職の方の場合は少し難しいかもしれません。

ですが、諦める必要はありませんよ。

借りれる物件は限られますが、まずは不動産会社に行ってみてくださいね。

あなたに合った物件がきっと見つかりますよ。

まだ直接引越業者に電話見積もりをしているんですか?

その判断、めちゃめちゃ損ですよ。

引越業者が提示する金額が、一番安いとは限りません。

むしろ営業マンは「価格交渉をすることを前提」で話すので、何も知らないでいると「本来の2倍以上」お金を取られてるかもしれませんよ。

仮に単身引越しの金額が10万円と言われた場合、ホントは5万円程度で引越しができたかもしれません。

その差は5万円です!

お得に引っ越す方法を知らないだけで、悲劇が待っています。

働いて稼ぐとしても、時給1,000円として頑張っても50時間も必要です。

1ヶ月のうち4分の1も、タダ働きになっちゃいますよ。

ひこ助
逆に5万円あったら、何をしようかな?

もし引越し先にエアコンが無くても、あなたに知識があったお陰で、ほぼ無料で手に入りますよ。

引越しを頑張ったんだから、ご褒美に美味しいものを食べちゃいましょう!

上手に引越しをする人は、これと言って難しいことをしている訳ではありません。

「一括見積もりサイト」を活用して、「価格交渉をする」たったこの2つだけです。

どんな見積もりサイトが良いのか?

あなたに合ったベストな見積もりをしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です