一人暮らしの部屋探しにかかる期間は?引越しに最適の時期ってある?

一括見積もりって、お得に引っ越せる反面、「電話がしつこい」イメージがありますよね。

プロの営業マンから、1時間おきにかかってくる電話。

「できるなら、しつこい電話が一切無しに、格安で引越ししたい。」

そう思いますよね。

ひこ助

僕も一括見積もりには、かなり悩まされました。

5つの会社から順番に電話が鳴るので、かなりイライラして、妻に八つ当たりしそうでした。。。

しかも、業者が代わるだけで、毎回聞かれる内容は同じです。

これでは、引越しが嫌いになりますね。

ひこ助
「一括見積もりサイト」は便利なはずですが、僕には合っていなかったみたいです。

でも、中には僕の悩みが全て解消できる「すっごい見積もりサイト」があることを知りました。

ちょっとだけ話すと、

勧誘電話が一切来ないので、全くストレスがない。

専属の引越しのプロがついて、引越業者との価格交渉を丸投げできる。

ひこ助
「今まで何に悩んでいたんだろう?」と思うくらい画期的でした!

そんな「引っ越し業者選びで成功した方法」はこちらで詳しく紹介しています。

皆さんは一人暮らしの引っ越しは初めてですか?

それとも、以前にも体験したことはありますか?

一人での引越しって、自分で全てやらなくてはいけないので大変ですよね!

Aさん

何をいつからやればいいのかさっぱりわからないわ。

さらに、業者の忙しい「引っ越しシーズン」「オフシーズン」とでは、かかる料金も家賃も全然違う事をご存知でしょうか?

この記事では、何をいつからやればいいのかということに加えて、どの時期に引っ越すのがおすすめなのかもお教えいたします!

引っ越しってどれくらいの期間かかるの?

早すぎる部屋探しは失敗することもある?

「引っ越し準備っていつぐらいから始めればいいのかな?1か月前?2か月前?」

「遅すぎると引越し予定日までに家が決まらないかもしれないし、かといって早めに契約してしまうと、二重で家賃を払うことになってしまうかも…」

そうなんです。

引越しって準備が遅すぎても早すぎても問題なんですよね。

準備のスタートが遅すぎてしまうと、なかなか良い物件を見つけられず、引越し予定日に間に合わなくなってしまうかもしれません。

逆に早すぎてしまうと、

「この物件に決めた!これ、○○日まであけておいてください」と物件を仮押さえすることができないのです。

不動産屋さんが「仮押さえしときましょう」といった場合、それは入居申し込みに相当します

なので、そのまま手続きをして契約まで進めてしまうと、引っ越す前に新しく借りた物件の家賃が発生してしまいます。

つまり、現在の家の家賃と新しく借りた物件の家賃を二重に払うことになってしまうのです。

失敗した人の経験談

私は新しい家がすぐに決まるかどうか、とても不安でした。

そのため、現在住んでいる家の解約が遅れてしまったのです。

なおかつ、他の人に物件を取られてしまうことが心配で早めに契約してしまったので、家賃を二重に払う羽目になってしまいました。

引っ越し費用も加わって、この失敗は本当に痛かったです。

引っ越し準備に良い時期と注意点は?

では、いつから準備を始めるのが最適なんでしょうか?

引越し予定日の2か月前くらいから部屋探しを始めると時間に余裕があって良いと思いますよ。

また閑散期であれば、不動産屋さんに早めに行き、不動産屋さんの方と一緒にじっくりと物件を探すのも1つの手ですね。

この時期に、自分の物件の条件を上位3つに絞っておくと、不動産屋さんも物件を紹介しやすく、話がスムーズに進むと思いますよ。

部屋探しから契約まで早い人で1週間、遅い人で3か月程度かかります。

そのため、たいていの人は引越し予定日から1か月から2か月前から引っ越し準備を始めます

一般的な引越しの流れでは引越し予定日のおよそ1か月前に不動産屋さんに行く必要があります。

そのため、半月から1か月前から自宅でインターネットを使いながら、住みたいエリアの物件の相場などを調べる必要があるんです。

この時、不動産屋さんには1か月前よりも早く行っても遅く行ってもいけません。

早く行きすぎてしまうと、不動産屋さんの忙しい時期は相手をしてもらえないことがありま

ただし、閑散期にはほかのお客さんが少ないので早めに行っても問題ないかもしれませんね。

また逆に、遅くなってしまっても駄目ですね。

あまり時間に余裕がなく、十分内見できずに物件を決めなければいけない羽目になってしまうかもしれません。

必ず引越し予定日の1か月ほど前に不動産屋さんに足を運ぶようにしてくださいね。

先ほど早い人は1週間で引っ越しが完了すると述べましたが、これは引越しに慣れていないと正直きついです。

さらに、家賃を払えるかどうかチェックする入居審査に1週間かかることがあるので、絶対に1週間で引っ越しが終わるとは思わないでくださいね!

引越しに最適の時期は?

当然ながら引っ越しシーズンというものが存在します。

進学などで大学生が一人暮らしを始める1〜3と、下半期の転勤で多くのサラリーマンが引越しをする9月がそうなんです。

ただし、これが皆さんにとって引っ越しをする最適な時期だとは限りません!

もし引っ越す時期を選べるのでしたら、以下を参考に自分に一番適している時期を選んでみてくださいね。

新築物件、より良い物件が目当てのあなたには…

物件数が多い時期は、先ほど述べた引っ越しシーズンである1-3月と9月です。

というのも、多くの人が引っ越すということは、その分だけ部屋が空くということだからです。

特に1月は、新築物件の数が多い月。

新築物件や良い物件にこだわりを持つ方は、ぜひこの時期に引っ越してみてくださいね。

ただし、多くの人が引っ越すということは、それだけの人が物件を探しているという意味でもあります。

良い物件や新築はタッチの差でほかの人に取られてしまうこともあるので、早めに部屋探しを始めると良いですよ。

気に入った物件があればすぐに内見しに行くことをお勧めします!

また、1-3月にかけては、家賃も引越し業者も割高になっています。

多くの人が部屋探しをしているので、多少高くても売れるからです。

なのでもし予算がそんなにない場合は、安めに引っ越せる9月に引っ越すと良いですよ。

じっくり時間をかけて部屋探しをしたいあなたには…

オフシーズンに入ると、不動産屋さんも落ち着き、丁寧に対応してくれます。

部屋探しに時間をかけたい場合は、オフシーズンである4〜8月中を狙うと良いですよ。

4、5月には1〜3月の引っ越しシーズンで売れ残ってしまった物件が残っています。

中には自分が気に入る物件があるかもしれません。

この時期になると、大家さんも売れ残らないようにするのに必死になるため、家賃交渉に応じてくれる可能性があります。

上手に交渉して安めに契約してみてくださいね!

また、6〜8月は夏の時期となるため、多くの人が大仕事である引っ越し作業を避ける傾向があります。

そのためこの時期に引っ越す人はあまりいないんです。

特に6月は梅雨の時期で、暑くてじめじめしている時期。

なのでこの時期に引っ越すのはあまりお勧めしませんが、内見にはぴったりの時期といえます。

なぜなら、6月にしか知れないことがあるからです!

それはずばり、湿気です。

6月の梅雨の時期、部屋の湿気がどのくらいなのかはチェックしておきたいところですよね。

これは6月の梅雨の時期にしかできない事なので、ぜひ内見に行ってみると良いですよ。

また、7〜8月はあまり良い物件は残っていないかもしれませんが、引っ越し料金が比較的安くなっているため、出費を抑えられます。

夏の最も暑い時期なので、熱中症に気を付けながら引っ越し準備を行ってくださいね!

まとめ

引っ越し準備は

  • 1か月半から2か月前くらいから始める
  • 不動産屋さんには1か月前くらいに行く

良い物件を見つけたいのなら

  • 新築物件の数が多いが割高な1〜3月に引っ越す
  • 物件数が多く、かつ引っ越し料金が安い9月に引っ越す

じっくり時間をかけて部屋探しをしたいのなら

  • オフシーズンの4〜8月を狙う
  • 家賃交渉で上手に物件を借りる
  • 6月は内見に最適である

個人的にはオフシーズンの中でも結構よい物件が残っている4、5月に部屋探しを始めるのがおすすめですね。

早めに部屋探しを始めて、じっくり時間をかけながら、良い物件を見つけてくださいね。

皆さんの引っ越しがうまくいくと良いですね。

まだ直接引越業者に電話見積もりをしているんですか?

その判断、めちゃめちゃ損ですよ。

引越業者が提示する金額が、一番安いとは限りません。

むしろ営業マンは「価格交渉をすることを前提」で話すので、何も知らないでいると「本来の2倍以上」お金を取られてるかもしれませんよ。

仮に単身引越しの金額が10万円と言われた場合、ホントは5万円程度で引越しができたかもしれません。

その差は5万円です!

お得に引っ越す方法を知らないだけで、悲劇が待っています。

働いて稼ぐとしても、時給1,000円として頑張っても50時間も必要です。

1ヶ月のうち4分の1も、タダ働きになっちゃいますよ。

ひこ助
逆に5万円あったら、何をしようかな?

もし引越し先にエアコンが無くても、あなたに知識があったお陰で、ほぼ無料で手に入りますよ。

引越しを頑張ったんだから、ご褒美に美味しいものを食べちゃいましょう!

上手に引越しをする人は、これと言って難しいことをしている訳ではありません。

「一括見積もりサイト」を活用して、「価格交渉をする」たったこの2つだけです。

どんな見積もりサイトが良いのか?

あなたに合ったベストな見積もりをしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です