引っ越し不用品処分!不用品回収業者対引っ越し業者‼どちらがお得?

引っ越しの際の不用品の処分どうしよう?

いったいどの業者に頼めばいいの?

全部任せられる親切なところはどこ?

どこよりも安くて丁寧な業者さんってあるの?

荷物は増えるばかりでとても頭を抱えるところですよね。

そんな方に今回は

引越し不要品処分! 不要処分回収業者VS引っ越し業者 どちらがお得⁈」をご紹介いたします。

いらないものを早く処分したいけど、何から始めたらいい?

不用になったものを回収してくれる業者はどこ?

本日、ひこ助とひこ美はリビングでコーヒータイムに会議中です。

ひこ助

処分したい物かなりたまったし、まだまだ出てきそうだだよね。

もう着ない洋服とかもたくさんあるし、引っ越しを機会にかなりの物を捨てるひつようがありそうだなぁ。

自分で処分するにはちょっと量が多すぎるし、やはり業者に頼ったほうがよさそうだね。

ひこ美

そうね。

新居にはもっていかないけど、引越しぎりぎりまで使うものとかあるし、時間的にもいろいろと柔軟に対応してくれるとこがいいわね。

あと、費用も安くすむならそれに越したことはないわね。

ひこ助

ひこ美がそういうと思って、僕なりに下調べしたんだよ。

全国には、数多くの不用品回収業者があるし、あと、引っ越し業者での取り扱いもあるんだよ。

まずは、両者でどういう違いがあるか見て対決だ。

両業者の内容の比較
  • 不用品回収業者とは引越しの時だけでなく、ゴミ・不用品は有料で回収したり、買いっとったりしてくれる業者です。
  • 引越し業者不用品回収とはその名の通り引越し業者が引っ越し時にいらなくなったものを基本有料で回収してくれるサービスです。(無料の場合あり)
ひこ美

前にちか子から聞いた話だけど、不用品回収業者って悪徳業者なんかも時にはあるってきいたことがあるし。

ちょっと怖いし、詳しい内容が知りたいわ。

回収を依頼した時のメリット・デメリットとは?

不用品回収悪徳業者に捕まらないためには?

ひこ助

実際のところ不用品回収業者の(買取)、を利用している消費者って全体の約8%くらいらしんだよ。

案外少ないのには理由があって、国が確認できてない業者が1,063市区町村のうち、64%(682市区町村)もあってそういうところに頼んでしまうと、金銭トラブルが起きることがあるんだって。

ひこ美

やっぱり引越し業者に頼む方がいいってことなの?

何か問題が起きたら嫌だし、怖いわね。

ひこ助

そう決めつけることもないんだよ、ひこ美。

利用者が少ないとはいえ一定のお仕事があるし、もちろん優良企業もたくさんあるよ。

まあ、利用者のいうメリットとして

  • 家までとりに来てくれる
  • 前もって処分するため引越し準備がスムーズ
  • 面倒な手続きがいらない
  • 無料で実施してくれるところが多い
  • 古物商の許可があるとこならば買取サービスが同時にできてお得になる場合もある

いわゆる楽だから利用したいと思ってる人が利用者の半数以上なんだ。

ひこ美

あら、いいところもたくさんあるのね(^▽^)/

回収・買取もしてくれるのかぁ。

でも、悪いうわさの方も気になるわね。

ひこ助

大事なとこだよね。

では、デメリットとしてこんなのがあげられる。

  • 依頼する業者をネットなどで検索したりに見積もりを(複数社)にお願いしたりと、手間がかかる
  • 無料などとうたっている業者など安全かそうでないか、しっかり調べる必要がある
  • 回収後に予定より重量があると料金が高くなることがある

なんてこともあるみたいだよ。

僕の知り合いでもこのような経験をした人がいるんだ。

ひこ助の知人Aくん

どこの不用品回収業者も変わりはないだろうと思い、インターネット検索ででてきた近くの業者に依頼することにしたんだ。

電話で料金などおおまかなことを訪ねても「行ってみないとわからない」とだけ。

少し疑問を持ちながらも急いでいたのでお願いすることに。

作業も無事おわり料金を支払ったんだけど、後日回収業者を使ったことのある知り合いから話を聞いたら、僕の時と金額が全然ちがう!

やはり、いろんな業者さんと比較するべきだったよ。

きちんと調べなかった自分に反省しかなかったよ。

ひこ助

Aくんみたいなことにならないように気をつけなきゃだね。

大体の回収料金の相場(商品が取引されるその時その時の値段)もしっかり見ておいた方がいいよ。

不用品回収業者の回収料金の相場
品目 内容 処分費相場
リサイクル家電 冷蔵庫・洗濯機・テレビ・エアコン等 5,000円~7,000円
生活家電 電子レンジ・炊飯器・ガスレンジ  500円~3,500円
パソコン本体 周辺機器 1,000円~3,000円
家具 家具(タンス等) 2,000円~8,000円
寝具 寝具(ベッド) 5,000円~1万円
回収悪徳業者につかまらないために!!

  • 依頼する業者は「一般廃棄物収集運搬業の許可」を持つ業者を選択する
  • 「無料で回収します」などとチラシに書かれている会社などは危ない可能性があるので、トラブルに巻き込まれないためにも避けた方がBEST
  • 面倒でも最低3社からは見積もりを取ることをお勧めします(過剰請求を見破ろう!)

引越し業者に頼んだ場合はどうなるの?

ひこ助

では、さっそく僕が調べた引越し業者でこちらも相場を出してみたよ。

結構かたよりもあるんだよ。

引っ越し業者の不用品回収相場
 引越し業者 ベッド 冷蔵庫   (4ドア) 冷蔵庫   (2ドア) 洗濯機  (単身用)
クロネコヤマト 1万6,250円~2万9,700円程度 3,000円 3,000円 3,000円
アリさんマークの引越社 4000円~1万円 約1万円 約9,000円 約7,000円
サカイ引越センター 回収できない 無償 無償 無償
アート引越センター 回収できない 約8,000円 約7,000円 約5,300円
日通 × × × ×
ひこ美

本当に無料から結構な金額までさまざね。

これだけ見たら、安いところって思っちゃうけど、引っ越し代金と合わせて考えていく必要があるのね。

じゃあ引越し業者に頼んだらどんなメリットがあるのかしら?

ひこ助

引越し業者にそのままお願いする人は結構いるんだよね。

そこでメリットとしてあげられるのが、

  • 引越しと同時に処分できるので手間が省ける
  • 引越し当日の引き取りになるので、使用したいものがギリギリまで使える
  • 不用品回収業者よりも安く抑えることができる場合もある
  • 引越しがメインなので出張費などを取られない
  • 小物だと当日依頼でも引き受けてもらえることもある
  • 業者によっては買取を行うところもある(査定したうえで)

なんてさまざま利点があるんだよね。

ひこ美

わー!すごくいいわね。

これじゃ、引越し業者が勝つのかしら?

だけど、この流れじゃもちろんそればかりじゃないのよね?

ひこ助

さすがひこ美、僕のことをよくわかってるね。

そうなんだよ、デメリットとしてはこれかな?

  • 引越し当日まで引き取りがないから作業が進みにくい
  • 処分できないものがある(土・砂・コンクリートは基本的にNG)
  • リサイクル法に基づく家電4点しか回収できないとこもある
  • 業者によって対応が違うので十分な話し合いが必要(融通がきかないとこもある

それ以前に回収自体してないとこもたくさんあるから、まずは確認だね

ひこ美

ひこ助くん、ますます素敵♥

本当にたくさん調べてくれたのね!

あっ、ちか子から電話だわ。

次は、いよいよ最終決着?

最終決着!どっちがお得!

これだけは見落とせない!

ひこ美

今、ちか子とさっきの内容を話してたんだけど、知り合いの引っ越し事情通の人が相談にのってくれるって(^▽^)/

ひこ助

それはありがたいね。

よろしくお願いいたします。

引越し事情通のBさん

ひこ助さん、たくさん調べられてお疲れ様です。

どちらにしようか大方の検討はついたでしょうか?

最終決着というこですが、一番重要な情報です。

実は、どちらに頼んでも処分費用の差はほとんどないんです。

ひこ助

え?どういうことでしょうか?

引越し事情通のBさん

引っ越し業者は回収の仕事を不用品回収業者に※委託(※自分の代わりに人や機関に頼むこと)するんですよ。

不用品回収を行う業者は主に4つの法律に基づいて営業しなけらればならないんです。

4つの法律とは
  • 古物営業法
  • 廃棄物処理法
  • 家電リサイクル法
  • 特定商取引法

※不用品回収を行うには産業廃棄物収集運搬許可一般廃棄物運搬許可という国の許可が必要です。

これらの許可がおりてない引っ越し業者は回収することができません

ひこ助

なるほど、そういうことなんですね。

ありがとうございました。

いやー聞いてよかったね、ひこ美。

ひこ美

今回の対決は引き分けってとこかしら?

結局、ひこ助くんが調べてくれた内容ふくめて自分たちの引越スタイルに合わせて決めるのがよさそうね。

ということで、頑張ったひこ助くんの一人勝ち!!

まだまだ引越しのお片付けで悩んではかどらないあなたへ

まとめ

不用品を処分してくれる業者は?

  • 不用品回収業者
  • 引っ越し業者

不用品回収悪徳業者に捕まらないためには?

  • 一般廃棄物収集運搬業の許可を持つ業者に依頼する
  • 「無料で回収します」という業者避けた方がBEST
  • 最低3社からは見積もりを取ること

引越し業者を選択したとしても、事前のしっかりした打ち合わせが必要

  • 引き取れないものもあるので確認が必要(トラブル回避)
  • 引っ越し業者は回収の仕事を不用品回収業者に※委託するため処分費用に大差はない
  • ※不用品回収を行うには産業廃棄物収集運搬許可・一般廃棄物運搬許可という国の許可が必要ということを知っておくこと

結果的に今回は自分たちのニーズにあった業者選びをした方が一番お得!ということになりました。

皆さんも引越しの際にはぜひ今回の記事を参考にいい業者選びをしてくださいね。

まだ直接引越業者に電話見積もりをしているんですか?

その判断、めちゃめちゃ損ですよ。

引越業者が提示する金額が、一番安いとは限りません。

むしろ営業マンは「価格交渉をすることを前提」で話すので、何も知らないでいると「本来の2倍以上」お金を取られてるかもしれませんよ。

仮に単身引越しの金額が10万円と言われた場合、ホントは5万円程度で引越しができたかもしれません。

その差は5万円です!

お得に引っ越す方法を知らないだけで、悲劇が待っています。

働いて稼ぐとしても、時給1,000円として頑張っても50時間も必要です。

1ヶ月のうち4分の1も、タダ働きになっちゃいますよ。

ひこ助
逆に5万円あったら、何をしようかな?

もし引越し先にエアコンが無くても、あなたに知識があったお陰で、ほぼ無料で手に入りますよ。

引越しを頑張ったんだから、ご褒美に美味しいものを食べちゃいましょう!

上手に引越しをする人は、これと言って難しいことをしている訳ではありません。

「一括見積もりサイト」を活用して、「価格交渉をする」たったこの2つだけです。

どんな見積もりサイトが良いのか?

あなたに合ったベストな見積もりをしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です