引っ越しで財布を守る守護神!?養生シートは必ず活用しよう!!

一括見積もりって、お得に引っ越せる反面、「電話がしつこい」イメージがありますよね。

プロの営業マンから、1時間おきにかかってくる電話。

「できるなら、しつこい電話が一切無しに、格安で引越ししたい。」

そう思いますよね。

ひこ助

僕も一括見積もりには、かなり悩まされました。

5つの会社から順番に電話が鳴るので、かなりイライラして、妻に八つ当たりしそうでした。。。

しかも、業者が代わるだけで、毎回聞かれる内容は同じです。

これでは、引越しが嫌いになりますね。

ひこ助
「一括見積もりサイト」は便利なはずですが、僕には合っていなかったみたいです。

でも、中には僕の悩みが全て解消できる「すっごい見積もりサイト」があることを知りました。

ちょっとだけ話すと、

勧誘電話が一切来ないので、全くストレスがない。

専属の引越しのプロがついて、引越業者との価格交渉を丸投げできる。

ひこ助
「今まで何に悩んでいたんだろう?」と思うくらい画期的でした!

そんな「引っ越し業者選びで成功した方法」はこちらで詳しく紹介しています。

ひこ美

そういえば、引っ越しの時って、マンションのエレベーターから廊下まで、ビニールかプラスチックみたいなシートで保護しているけどあれって必要なのかしら???

ひこ助

引っ越しの際の保護シートは養生シートっていうんだよ!!!!

養生シートを使う使わないで、引っ越しの時の金銭リスクが大きく変わってしまうんだ。

特に学生の時の僕がそうなんだけど自力で引っ越しを考えている人は特に注意する必要性があるね!!!

今回は、養生シートの役割についてご紹介します。

養生シートは建物と私たちの財布を守る守護神

養生シートとは

家の中から玄関までを保護するだけでなく、マンションのエレベーターや、引っ越しの際に荷物を輸送する車やトラックまでの廊下といった、引っ越しの際に荷物を動かす導線そのものを保護するシートです。

では、仮にこの養生シートを貼らずに荷物を運んだ最悪の場合を想定してみます。

私自身賃貸マンションから別の賃貸マンションへ引っ越しした際、「アリさん」の引っ越し業者に引っ越しを依頼した際、5~6万円ほどかかると言われました。

この数万円をケチって、業者に頼まず自力で引っ越しをすれば、レンタカーを借りることで1万円程度に、車を持っていればほぼ無料で引っ越しをすることができます。

値段を考えれば、当然自力で引っ越しを行いたいところです。

しかし、自力での引っ越しでは養生シートを貼ることはほぼないですよね。

この状態で冷蔵庫などの大型家電を運んだ際、マンションの廊下の壁や、部屋の壁を傷つけてしまったとします。

するとなんと、小さな傷がついただけで補修費として3万円ほどお金がかかってしまうのです。

ここで気を付けたいのが、1回の傷で数万円取られてしまうということ。

当然傷の大きさや、数によってはさらにお金を取られることも考えられ、結局引っ越し費が非常に高額になってしまうリスクをはらんでいるのです。

養生シート無しは、保険なしでレンタカーを運転するということ!!!

さて上記のように、引っ越し費用を抑えようと自力での引っ越しを選び、養生シートを貼らずに引っ越しをすることは、金銭面で大きなリスクを負うことがわかりました。

この状況、何かに似てませんか??

そう、レンタカーを借りるときに似てますよね!!!

レンタカーも壁にぶつけたり、小さな傷がついただけでも自走可能なのに、数万円取られちゃいますよね。

つまり、養生シート無しで引っ越しをするということは、自動車保険に入らずにレンタカーを借りることに非常に似ているのです。

自動車保険なしで運転するレンタカーめちゃくちゃ緊張しませんか???

養生シートとは引っ越しにおける私たちの保険のようなものなんですね!!!

自分で養生シートを貼ることは非常に難しい

では、引っ越しの費用を抑えつつ、壁にぶつけるリスクも減らすために自分で養生シートを貼ればいいんじゃないのか??

しかし、自分で養生シートを貼るのは非常に難しいんです。

自分で養生シートを貼ることが非常に難しい理由は大きく2あります!!

金銭面でのコスト

養生シートは、マンションのエレベーターや廊下、家の中まで考えると、かなり多くの枚数をそろえる必要性があります。

ネットで100mm×50mなどが2000円ほどで売られていますが、安くそろえても1~3万円ほどかかってしまう可能性があります。

つまり、せっかく安く済ませようとしても結局金銭面での負担がかかってしまうということです。

さらに養生シートは、引っ越しの際以外に使い道がほぼないため、1度使えば、しばらく使わず家の中ではお荷物になるというデメリットも存在します。

労働面でのコスト

マンションのエレベーターや廊下までの非常に大きな面積を、自力で養生シートを貼って保護することは、労働面のコストを考えても非常に大きいです。

しんどい思いをして、養生シートを貼った後に、引っ越しが終われば今度ははがす作業。

本当にしんどいですね。

以上2つの理由から自力で養生シートを貼ることは、金銭面、労働面の観点から見て非常に難しいです。

結果として最適解は一体何なのか???

じゃあ結局、引っ越しにおける最適解が何なのかということが疑問に残ります。

結論から言ってしまうと、養生シートによる保護を無料で行ってくれる、引っ越し業者に頼んでの引っ越しが最適解になると考えられます。

様々な引っ越し業者が、引っ越しの際の養生をサービスで行ってくれるため、業者にお願いするといいですよ!

業者によっては養生が無料サービスで行ってもらえない可能性もありますので、必ず業者に頼む際は養生シートによる保護がサービスなのかどうか確認してみてくださいね。

まとめ

引っ越しの際、養生シートは必須となりますね。

  • 引越しの際の養生シートは私たちの財布を守る守護神
  • あるかないかで金銭面のリスクが全く変わってしまう
  • 養生シートを自力で貼るのは、金銭面と労働面から見て非常にハード
  • 無料で養生を行ってくれる引っ越し業者に連絡し、引っ越しでのリスクを下げる

引っ越しにかかる費用を下げようと、養生シートを使わなかったために、余計に費用がかかってしまった!

なんてことにならないためにも、ぜひ引っ越し業者に連絡をし、無料の養生シートサービスで、安心安全に引っ越しをしてくださいね!

まだ直接引越業者に電話見積もりをしているんですか?

その判断、めちゃめちゃ損ですよ。

引越業者が提示する金額が、一番安いとは限りません。

むしろ営業マンは「価格交渉をすることを前提」で話すので、何も知らないでいると「本来の2倍以上」お金を取られてるかもしれませんよ。

仮に単身引越しの金額が10万円と言われた場合、ホントは5万円程度で引越しができたかもしれません。

その差は5万円です!

お得に引っ越す方法を知らないだけで、悲劇が待っています。

働いて稼ぐとしても、時給1,000円として頑張っても50時間も必要です。

1ヶ月のうち4分の1も、タダ働きになっちゃいますよ。

ひこ助
逆に5万円あったら、何をしようかな?

もし引越し先にエアコンが無くても、あなたに知識があったお陰で、ほぼ無料で手に入りますよ。

引越しを頑張ったんだから、ご褒美に美味しいものを食べちゃいましょう!

上手に引越しをする人は、これと言って難しいことをしている訳ではありません。

「一括見積もりサイト」を活用して、「価格交渉をする」たったこの2つだけです。

どんな見積もりサイトが良いのか?

あなたに合ったベストな見積もりをしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です