引っ越しの見積もりが高い!!簡単に業者を比較する力技とは??

一括見積もりって、お得に引っ越せる反面、「電話がしつこい」イメージがありますよね。

プロの営業マンから、1時間おきにかかってくる電話。

「できるなら、しつこい電話が一切無しに、格安で引越ししたい。」

そう思いますよね。

ひこ助

僕も一括見積もりには、かなり悩まされました。

5つの会社から順番に電話が鳴るので、かなりイライラして、妻に八つ当たりしそうでした。。。

しかも、業者が代わるだけで、毎回聞かれる内容は同じです。

これでは、引越しが嫌いになりますね。

ひこ助
「一括見積もりサイト」は便利なはずですが、僕には合っていなかったみたいです。

でも、中には僕の悩みが全て解消できる「すっごい見積もりサイト」があることを知りました。

ちょっとだけ話すと、

勧誘電話が一切来ないので、全くストレスがない。

専属の引越しのプロがついて、引越業者との価格交渉を丸投げできる。

ひこ助
「今まで何に悩んでいたんだろう?」と思うくらい画期的でした!

そんな「引っ越し業者選びで成功した方法」はこちらで詳しく紹介しています。

「複数の業者に引っ越しの見積もり依頼をしたけど、時間が掛かって面倒だな。」

と思ったことはありませんか?

ひこ助

僕の先輩が、引っ越しの見積もりを早く安くするためにスゴイことをしたんだって!

ひこ美

え!?どんな方法なの?

ひこ助

僕にはとても思いつかないけど、さすが先輩だよ~

ちょっと勇気が必要だけど、自分の引っ越しの時にはチャレンジしたいな、と思ったよ。

ひこ美

もったいぶらないで、教えてよ!

ひこ助

じゃあ、これから順を追って説明するよ。

今回は「引っ越し費用を短時間で安くする方法」をご紹介します。

一括見積サイトは利用すべき?

一括見積サイトのメリットとは?

引っ越しが決まったら、一度に複数の引っ越し業者に見積もりを依頼できる「一括見積サイト」が便利です。

ですが、このことを知らないと、高い引っ越し料金を取られてしまうかもしれません。

例えば、

ひこ美

なんとなくCMで聞いたことのある有名な業者に引っ越しをお願いしようかしら。

その方が安心だし、いろんな業者を比較するのも面倒だわ。

と、一社だけの見積もりを取って、比較しないで決めてしまったら…

ひこ美

後で、引っ越し経験のある友達から教えてもらったんだけど、かなり損してたみたい。

と後で損したことに気づき、

「友達の引っ越し費用よりも2倍も高かった。」

なんてことにもなりかねません。

引っ越し業者も、

「このお客さんは、他の業者に見積もり依頼してないみたいだな。」

と比較されないと分かったら、強気の金額を提示してきます。

その点、一括見積もりサイトで比較することで、比較されている引っ越し業者は

「他の業者よりも安くしてでも、契約してもらおう。」

と頑張って料金を下げてくれることが多いです。

一社見積もりは、一般的な引越し相場よりもかなり高い金額を請求する可能性があるので、注意してくださいね。

一括見積りサイトのデメリットとは?

一括見積りサイトで見積もり依頼をしたら、電話やメールが沢山届きます。

メールで金額がはっきりと確定している業者は良いのですが、

営業マン

見積もりをする為に訪問したいです。

電話で訪問見積もりの予定を決める業者が多いです。

また、その電話が百戦錬磨の営業マンなので断り辛いと思います。

全ての業者の訪問見積もりを許可すると、沢山の業者が入れ替わり自宅を訪ねてきます。

ひこ助

仕事をしながら、沢山の業者と何度も連絡をとって、訪問日のスケジュール調整も必要だと、とても大変だな。

ひこ美

その度に部屋をきれいに掃除しないとね。

でも家に来る業者が違っても、だいたい同じことを聞かれるみたい。

業者が違うと、見積もりに必要な情報を何度も説明しなければなりません。

さらに訪問すると、どの業者の営業マンも

「いますぐ、この場で契約してもらおう」

とすごく頑張って、安い料金を提示してくれます。

ですが、正直なところは、まだ他の会社の引っ越し業者も来るので保留にしたいですよね。

でも、プロの営業マンのトークにおされて、ハッキリと断るのが難しいです。

ひこ助

まだまだこれから他の業者さんが見積もりに来るのに、上手く保留にできるか不安だな。

すぐに契約してしまいそうだよ。

また比較して、「この業者にしよう!」と決めたら、同じ業者にもう一度訪問してもらう必要があります。

そこで、ようやく契約が成立します。

安くする為とはいえ、正直時間がかかってしまうので、面倒ですよね。

ですが、とても簡単に業者を比較できる方法があるんです。

見積もり料金を安くする力技とは!?

ひこ美

ひこ助くん、そろそろ先輩が実践した「すごい方法」を教えてよ。

ひこ助

わかったよ。

それじゃあ、今から先輩の海太郎さんの体験談を紹介するよ。

訪問見積もりの業者の対応

ひこ助の会社の先輩である海太郎は、複数の業者から見積もりを依頼をしました。

そこでは、かなりの力技を使ったようです。

海太郎は、訪問を希望する業者には、「どの業者も同じ日時に自宅訪問に来てもらう」ように指定しました。

ひこ助

これなら、スケジュール調整は1日で良いし、楽だね。

ひこ美

お部屋の掃除も1回でいいし、色んな業者に同じことを何度も言わなくて済むわね!

またこのとき、全ての引っ越し業者には、

「同時に沢山の業者さんに来てもらって、その場で一番安い業者さんに決めます。」

と、先に伝えておきます。

そうすることで引っ越し業者は、他の業者に負けないように、安い見積もりを用意して訪問します。

見積もりは、現在の価格より少し安くすれば契約成立しやすい為、

後で見積もりを提示したい営業マンが多いです。

営業マン

その日は都合が悪いのですが、翌日はどうですか?

と言ってくる場合もありますが、そんな営業マンはお断りしました。

そうすれば、営業マンは態度を変えて、

営業マン

何とかその日に合わせますので、よろしくお願いします。

と、指定した日時に来てくれました。

ここは勇気を出して、慌てず堂々とした態度で言った方が良いです。

直接面と向かって、伝えるのは少し勇気がいりますが、電話なので言いやすいと思いますよ。

訪問見積もりの当日

当日、営業マンが4社そろいました。

少し、ドキドキします。

それぞれの名刺を頂きましたが、突然A社の営業マンが

A社の営業マン

せっかく訪問させて頂きましたが、辞退いたします。

海太郎はびっくりしてどうしたのか尋ねました。

すると、

A社の営業マン

他に来ている会社名を見て、私の会社は無理だと判断しました。

他の方が提示するだいたいの料金はわかるので、私は一番安い料金を提示することはできないと思います。

と、ある意味潔い判断で帰ってしまいました。

残り3社になり、1社1社提示して頂きました。

順番に確認しましたが、3社目の業者マンは、他の業者よりも1.5倍も高かったようで、また自ら帰っていきました。

残った2社は「アリさんマークの引越社」「サカイ引越センター」でした。

2つ業者の一騎打ちになり、

海太郎

この料金から、一番安くしてくれた方に決めます。

と伝えました。

2人の営業マンはすぐに会社に電話し、社内交渉をはじめました。

サカイさんは

「本当にこれが最安値なので、これ以上は無理です。」

と、すぐ数千円下げてくれました。

一方で、アリさんはサカイさんよりも数千円も安い金額を提示しました。

双方の金額がそろったので、2人の営業マンを前にして

海太郎

今回はアリさんマークの引越社さんにお願いします。

実は、サカイさんは少し遅刻をして来たので、とても感じが良い方とは言えませんでした。

一方でアリさんの営業の方はすごく感じが良かったです。

アリさんマークの引越社の話

後日でアリさんに聞いたのですが、

元々、上司の方がサカイさんにとても強いライバル心を抱いている方でした。

電話でサカイさんと争っていることを伝えたら、

「絶対に負けるなー!」

と安い金額をOKにして下さったそうです。

海太郎

電話をした営業マンの方はそれが分かっていたので、

自信があり、感じの良い提案ができたのかな、と思いました。

時々、このように沢山の業者が同時に見積もりをする依頼はあるそうです。

同時見積もりをしても、ほとんどアリさんとサカイさんの2社に絞られることが多いそうです。

ただどっちが勝つかは毎回違うとのことでした。

ひこ助

この方法で先輩は安く引っ越しすることができたんだって。

ひこ美

すごいね。

これだと、1回の訪問見積もりで引越し業者を決めることができるわね。

ひこ助

僕みたいに面倒くさがりにはとても良いよな。

ただし、この方法は安くする為の力技です。

少し勇気が必要ですし、当日の営業マンの対応を気にする方も多いと思います。

価格より当日の営業マンの対応を優先される方は、この方法を使わない方が良いかもしれません。

また、価格だけなら、地域密着型の引っ越し業者の方が安い場合がありますよ。

更に効率的な方法は?

有名な引っ越し業者の見積もりを安くしたい場合は、

「アリさんマークの引越社」「サカイ引越センター」の2社にだけ見積もり依頼をすれば良いかもしれません。

この2社に同時に来てもらえば、スケジュール調整や電話のやりとりはもっと少なく済むと思いますよ。

ひこ助

仕事で忙しい方だと、短時間で安くできる方法は嬉しいですよね。

まとめ

引っ越しの一括見積サイトのメリットは

  • 一度に沢山の業者に見積もりを依頼できて便利
  • 比較して選ぶことができる
  • ライバル業者同士が競争することで見積もり料金は安くなる

引っ越しの一括見積サイトのデメリットは

  • 訪問見積もりをする業者が多く、スケジュール調整が大変
  • 別日に違う業者が訪問予定でも、断るのが大変
  • 見積もりに関して何度も同じ質問を受け、説明しなければならない
  • 毎回部屋を片付ける必要があるので、手間がかかる

見積もりを短時間で安くなる方法は

  • 全ての業者に同じ日時に見積もり訪問してもらう
  • 他の業者も同時に見積もり訪問に来ることを先に伝えておく
  • 訪問後、更に安い方に決めると伝える

更に効率的な方法は

  • 「アリさんマークの引越社」と「サカイ引越センター」の2社のみ同時に訪問見積もりを依頼する

今回は「引っ越し費用を短時間で安くする方法」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

一括見積もりサイトは複数の業者を比較して安く契約できますが、時間がかかってしまいます。

短時間で安い見積もりが欲しい方は、同時に複数の業者から訪問見積もりを取ると良いかもしれません。

今回の記事を参考に、自分に合った業者を依頼をして比較してくださいね。

まだ直接引越業者に電話見積もりをしているんですか?

その判断、めちゃめちゃ損ですよ。

引越業者が提示する金額が、一番安いとは限りません。

むしろ営業マンは「価格交渉をすることを前提」で話すので、何も知らないでいると「本来の2倍以上」お金を取られてるかもしれませんよ。

仮に単身引越しの金額が10万円と言われた場合、ホントは5万円程度で引越しができたかもしれません。

その差は5万円です!

お得に引っ越す方法を知らないだけで、悲劇が待っています。

働いて稼ぐとしても、時給1,000円として頑張っても50時間も必要です。

1ヶ月のうち4分の1も、タダ働きになっちゃいますよ。

ひこ助
逆に5万円あったら、何をしようかな?

もし引越し先にエアコンが無くても、あなたに知識があったお陰で、ほぼ無料で手に入りますよ。

引越しを頑張ったんだから、ご褒美に美味しいものを食べちゃいましょう!

上手に引越しをする人は、これと言って難しいことをしている訳ではありません。

「一括見積もりサイト」を活用して、「価格交渉をする」たったこの2つだけです。

どんな見積もりサイトが良いのか?

あなたに合ったベストな見積もりをしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です