業者に依頼する?自分で運ぶ??ベッドの引っ越しはこうするべし!

一括見積もりって、お得に引っ越せる反面、「電話がしつこい」イメージがありますよね。

プロの営業マンから、1時間おきにかかってくる電話。

「できるなら、しつこい電話が一切無しに、格安で引越ししたい。」

そう思いますよね。

ひこ助

僕も一括見積もりには、かなり悩まされました。

5つの会社から順番に電話が鳴るので、かなりイライラして、妻に八つ当たりしそうでした。。。

しかも、業者が代わるだけで、毎回聞かれる内容は同じです。

これでは、引越しが嫌いになりますね。

ひこ助
「一括見積もりサイト」は便利なはずですが、僕には合っていなかったみたいです。

でも、中には僕の悩みが全て解消できる「すっごい見積もりサイト」があることを知りました。

ちょっとだけ話すと、

勧誘電話が一切来ないので、全くストレスがない。

専属の引越しのプロがついて、引越業者との価格交渉を丸投げできる。

ひこ助
「今まで何に悩んでいたんだろう?」と思うくらい画期的でした!

そんな「引っ越し業者選びで成功した方法」はこちらで詳しく紹介しています。

引っ越しは荷造りや準備が多くて大変ですよね。

服や雑貨、食器等の荷造りが終わったら次は家電や家具の準備です。

段ボール等は頑張れば自分で運べるかもしれません。

しかし大きな家電や家具はそうはいきません。

そのまんま運んじゃえ!」という考えだと、大事な家具や家電を傷つけてしまう可能性があります。

ひこ美

ベッドはそのまま運べないのね。

どうすればいいの?

ひこ助

ベッドは運ぶ方法でけっこう変わってくるよ。

しっかり確認しないとね。

今回はベッドの引っ越しについてご紹介します。

ベッドの運搬方法は?引っ越し方法は2つ!

ベッドの運搬は、搬出時に解体し、運搬後に組み立てを行うのが一般的な方法です。

またベッドを新居へ運ぶ方法は2つあります。

  1. 業者に依頼して運んでもらう
  2. 自分でトラック等をレンタルして運ぶ

この二択になる方が多いと思います。

もちろんそれぞれメリット、デメリットがあります。

順番に見ていきましょう。

業者に依頼して運んでもらうメリット

業者に依頼して運んでもらうメリットは以下の2つが上げられます。

  • 引っ越しで何度もベッドを運搬して慣れている為、スムーズに引っ越しが進む

これが一番のメリットになるのではないでしょうか。

私たち素人では、慣れていない為相当な時間が掛かってしまう所を、業者に依頼すれば、時間と労力が節約できます。

その分ほかの作業ができ、引っ越し自体がスムーズに進むでしょう。

  • 解体から組み立てまでやってくれるところもある

自分たちで解体、運搬、組み立てを行うのはとても大変です。

引っ越し業者にもよりますが、解体から組み立てまで行ってくれる業者もあるようです。

しかし解体や組み立てはオプション料金が発生してしまう場合があるので、見積もりの時はベッドがあることを必ず伝えましょう。

業者に依頼して運んでもらうデメリット

一見楽に見える方法ですが、いいことばかりではありません。

デメリットもしっかり確認しておきましょう。

  • 費用がかかる

当然と言えば当然なのですが、自分たちで運ぶ場合と比べてやはり費用がかかります。

金額も業者によって異なりますが、

■シングルサイズベッド:約5千円~1万円
■ダブルサイズベッド:約1万円~2万円

大体ですがこの位の費用がかかります。

シングルベッドならいいかもしれませんが、ダブル以上になるとけっこうかかりますよね。

しかしこれがクイーンサイズやキングサイズのベッドになってくると話は大きく変わってきます。

こういった大きなベッドは解体ができない為クレーンなどを使って搬出などを行うことになります。

そうなると費用は約2~3万円かかってしまいます。

  • ベッドの種類によっては解体できないこともある

大体のベッドは解体してから搬出します。

しかし中には業者の方から「このベッドは解体できない」と言われてしまう事があります。

どういうベッドがそう言われてしまうのか。

それは解体してしまうと保証が利かなくなってしまうものや、専用の器具などがないと解体できないものです。

大手家具販売メーカーのニトリやIKEA、大塚家具などで購入したベッドは一度解体してしまうと万が一トラブルがあった時の保証が適応できなくなるケースや、専用器具じゃないと解体できないものがあります。

すべてのベッドそういう訳ではありませんが、引っ越し前に解体しても問題ないか必ず確認しましょう。

自分で運搬する場合のメリット

引っ越し業者を手配せず、自分たちでベッドを運ぶメリットは2つ

  • 引っ越し業者を手配するより費用が安く済む

自分たちで運ぶ場合の一番のメリットと言えるでしょう。

引っ越しは何かとお金が掛かります。

なるべくなら安く抑えたいですよね。

自分たちで運べば、引っ越し業者よりかなり安く抑えることができますね。

  • 運びたい時間に運ぶことができる

引っ越し業者に依頼すると決まった時間に搬出作業をしなければいけません。

自分たちで運べば、好きな時間帯に運び出すことができます。

自分で運搬する場合のデメリット

こうして比較してみると、自分たちで運んだほうがいいんじゃないか…と考えたかたもいらっしゃるでしょう。

しかし実際はそんなに甘くありません。

自分たちで運ぶときのデメリットも見てみましょう。

  • トラックや手伝ってくれる人を自分たちで手配しなければいけない

ハイエースなど大きな車をもってる方はなんとか運べるかもしれませんが、大体は軽トラックなどをレンタルするところから始めなければいけません。

またベッドの運び出しは一人では到底無理です。

男の人でも最低3人は必要になるでしょう。

日程を合わせるのも大変ですし、最初の予定日より遅れてしまう…なんてこともあるかもしれません。

  • 新居の壁などに傷が付き修理代がかかってしまうこともある

引っ越し業者なら壁などが汚れや傷がつかないように養生(ようじょう)という作業をします。

しかし業者にいらいせずに自分たちで運んだ場合、養生をしないまま運び入れることが多く、引っ越しに慣れていないと壁に傷や汚れが付いてしまう可能性があります。

汚れは落ちたとしても、傷は修理しないと消えません。

大きさにもよりますが数千円から1万円ほどかかってしまいます。

引っ越しを自分たちでやるなら、しっかりと準備した方がいいですね。

ひこ美

メリットとデメリットが結構はっきりしてるのね。

自分たちで運んだとき、解体とか組み立てとか大変そうね…

ひこ助

たしかに大変だけど、手順をしっかり覚えれば大丈夫だよ!

ベッドの解体と組み立てってどうやるの!?

では自分たちだけで引っ越しをした時、ベッドはどのように解体、組み立てを行うのか気になりますよね。

でも安心してください。

正しい手順で行えば時間はかかるかもしれませんがちゃんとできます!

ではまずは解体方法からご紹介します。

こちらの動画は引っ越し業者の方が行っているものになりますので、専用の梱包材がないと思います。

ですのでマットレスはビニール袋、脚や本体はエアキャップ(プチプチ)等で代用してもいいと思います。

解体時のポイントとして、

  1. 完成時の写真は撮っておく(構造が複雑な場合はその部分の写真も撮っておく)
  2. できればパーツごとに番号などを振っておく(マスキングテープに記入して貼り付けてもOK)
  3. ネジなどの部品はなくさないように袋などにまとめておく

この3つを行うだけでこの後の組み立て作業が楽になりますよ!

では続いて組み立て方のご紹介です。

こちらはシングルベッドの組み立て方です。

少し動画が長いので時間があるときにゆっくり見てください。

この動画では一人で作業していますが、プロの方なので必ず2人以上で作業するようにしましょう。

先ほど撮った写真があるとかなり組み立てしやすいと思います。

組み立ての際の注意点は

  • 作業スペースは十分に確保する

ベッドを設置するためのスペース確保も大事です。

ですがやパーツを一時的に置くスペースや、組み立てながら回り込むスペースなどが必要です。

なので少なくとも設置スペースの面積の倍以上は確保しておきたいですね。

  • 一緒に作業してくれる人を確保する

カラーボックスヤ小さい椅子などは一人で組み立てられますが、組み立てが1時間以上かかる大きな家具は、必ず2人以上で作業するようにしましょう。

私のベッド解体、組み立ての思い出

以前実家に住んでいた時、祖母が使っていたセミダブルベッドを譲り受けたため自分の部屋で使うことにしました。

祖母の部屋が1階、私の部屋が2階だった為解体して組み立てをすることになりました。

私は「とりあえずばらして組み立てればいっか!」と軽く考え、一人で解体していざ組み立てを行ったところ、想像以上に時間が掛かった上に全く完成しません。

昔大手の引越会社に勤めていた父に、

「こんなんじゃいつまでたっても出来ないぞ!」

と笑われてしまいました。

結局父に組み立ててもらい完成しましたが、その時

部品1つ1つに番号か何か付けなきゃ分からなくなるよ。

素人なんだから。

といわれ、適当にやってはいけないんだなと痛感しました。

私の場合はたまたま父が元引っ越し業者に勤めていたため何とか完成しましたが、父がいなければ一向に完成しませんでした。

皆さんは私のように、適当に解体して組み立てる…何てことは避けてくださいね。

ひこ美

手順やコツを覚えればちゃんと組み立てられるのね!

よかった!

ひこ助

そうだね。

安全面も気を付けながらしっかり組み立てよう。

まとめ

今回はベッドの引っ越しについてご紹介しました。

  • ベッドの引っ越し方法は業者に依頼するか自分たちで運ぶ
  • 業者に依頼する場合、楽に運べるが費用がかかる
  • 自分たちで運ぶ場合費用は抑えられるが、新居の傷や汚れなどに気をつけなけばいけない
  • 解体するときは3つのポイントを抑えると組み立てが楽になる!
  • 組み立ては必ず2人以上で、作業スペースは設置スペースの倍以上は確保しておく

いかがでしたでしょうか。

大きな家具は運ぶのがとても大変です。

注意をしなければせっかく運んだ家具が傷ついたり、破損してしまう事もあります。

今まで大事に使ってきた家具なら新居でも使いたいですよね。

ひこ美

私は実家から持ってきた食器棚やベッドをずっと使ってます。

皆さんも大きなベッドを運ぶのに困った…という時、ぜひこの記事を参考にして、自分に合った引っ越し方法を見つけてみてくださいね。

まだ直接引越業者に電話見積もりをしているんですか?

その判断、めちゃめちゃ損ですよ。

引越業者が提示する金額が、一番安いとは限りません。

むしろ営業マンは「価格交渉をすることを前提」で話すので、何も知らないでいると「本来の2倍以上」お金を取られてるかもしれませんよ。

仮に単身引越しの金額が10万円と言われた場合、ホントは5万円程度で引越しができたかもしれません。

その差は5万円です!

お得に引っ越す方法を知らないだけで、悲劇が待っています。

働いて稼ぐとしても、時給1,000円として頑張っても50時間も必要です。

1ヶ月のうち4分の1も、タダ働きになっちゃいますよ。

ひこ助
逆に5万円あったら、何をしようかな?

もし引越し先にエアコンが無くても、あなたに知識があったお陰で、ほぼ無料で手に入りますよ。

引越しを頑張ったんだから、ご褒美に美味しいものを食べちゃいましょう!

上手に引越しをする人は、これと言って難しいことをしている訳ではありません。

「一括見積もりサイト」を活用して、「価格交渉をする」たったこの2つだけです。

どんな見積もりサイトが良いのか?

あなたに合ったベストな見積もりをしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です