ダンボールを無料でもらうなら、引っ越し業者さんからもらうのが超おすすめ!!

一括見積もりって、お得に引っ越せる反面、「電話がしつこい」イメージがありますよね。

プロの営業マンから、1時間おきにかかってくる電話。

「できるなら、しつこい電話が一切無しに、格安で引越ししたい。」

そう思いますよね。

ひこ助

僕も一括見積もりには、かなり悩まされました。

5つの会社から順番に電話が鳴るので、かなりイライラして、妻に八つ当たりしそうでした。。。

しかも、業者が代わるだけで、毎回聞かれる内容は同じです。

これでは、引越しが嫌いになりますね。

ひこ助
「一括見積もりサイト」は便利なはずですが、僕には合っていなかったみたいです。

でも、中には僕の悩みが全て解消できる「すっごい見積もりサイト」があることを知りました。

ちょっとだけ話すと、

勧誘電話が一切来ないので、全くストレスがない。

専属の引越しのプロがついて、引越業者との価格交渉を丸投げできる。

ひこ助
「今まで何に悩んでいたんだろう?」と思うくらい画期的でした!

そんな「引っ越し業者選びで成功した方法」はこちらで詳しく紹介しています。

引っ越しの際、ダンボールはなるべく無料でもらいたいですよね!!

ひこ美

でも、ダンボールってスーパーでも、コンビニでも無料でもらえるわ…

いったいどこでもらうのが一番いいのかしら??

このようなお悩みを抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか??

今回の記事では引っ越しの際におすすめのダンボールのもらい方をお伝えしていきます!!

そもそもダンボールを無料でもらう方法とは??

海太郎

ダンボールを無料でもらう方法はいくつかありますが、大きく分けると以下の2つです。

①お店から無料でもらう

②引っ越し業者から無料でもらう

お店で無料でもらう方法とは??

海太郎
無料でダンボールがもらえるお店は様々ありますが今回は入手しやすい代表的な場所を紹介します!!

ダンボールを無料でもらえる代表的な場所
  • スーパーマーケット
  • コンビニエンスストア
  • ドラッグストア
  • ホームセンター

スーパーマーケット

スーパーマーケットは無料でダンボールをもらえる最も代表的な場所です!

基本的には、お店で働いている方にダンボールが欲しい旨を伝えれば、ほとんどの場合ダンボールがもらえます。

スーパー利用者Aさん
むしろスーパーマーケットでダンボールをもらえなかった経験がないです!

このように、簡単にダンボールを入手することができますが、唯一最大の欠点が衛生面の悪さです。

外でダンボールを保管している場合は外にさらされているため、汚れが目立つ場合があります。

特に危ないのが、ゴキブリの卵がついているケース。

野菜などの生鮮食品を包装していると、ゴキブリの住みかとして狙われ、卵を植え付けられている場合があります。

ゴキブリの卵付きのダンボールを家に持って帰ってきたと考えたら…

この先はもうお分かりですよね(泣)

スーパーでダンボールをもらう際は衛生面に十分に注意して汚れのないものを選ぶといいです。

コンビニエンスストア

コンビニエンスストアは、スーパーマーケットより家から近い場合も多く、ダンボールを無料でもらう場所としては非常に利用しやすいです。

お店の中や、裏に置いてあることが多く基本的にお店の店員さんにもらえるか聞かないともらえません。

ただし、店にダンボールが余っていない、場合によっては店自体がダンボールを渡すことを禁止にしている場合もあり、利用自体は非常にしやすいのですがもらえない場合も多いです。

コンビニでダンボールをもらえなかったBさん
家から二軒近いコンビニエンスストアがあったのに、二軒ともダンボールをもらうことができず、結局スーパーマーケットを利用せざるを得なかった…

なんてこともあるので、もらえたらラッキーくらいの心づもりで行くといいかもしれません。

ドラッグストア

ドラッグストアもダンボールをもらうことのできる代表的な場所の1つです。

スーパーマーケットのように生鮮食品をあまり扱わないため、ゴキブリ等の衛生面の心配はスーパーマーケットより低いと言えます。

ただし、薬品系の商品を扱う関係上、ダンボールに匂いが移っている場合があり、選ぶ際は一度匂いを嗅いでみることをお勧めします。

ドラッグストアもダンボールをもらいたい場合は、お店で働いている方に欲しい旨を伝えることで、もらうことができます!!

ホームセンター

先に紹介した3つと比較して、立地条件や店舗数の関係上、利用しづらさは劣ってしまいますが、ホームセンターもダンボールをもらえる場所の代表的な場所の1つです。

大きな資材を扱っている関係上、先に紹介した3つより、イズの大きなダンボールを入手することができるのが、ホームセンターの大きなメリットです。

ホームセンターでダンボールをもらったCさん
ホームセンターでダンボールをもらったけど、サイズも大きいし、厚みもあったから、重いものも、家電も詰めることができて便利だったわ!

ダンボールにゴキブリが⁉招かれざる客「G」の新居への侵入を防げ!

2020年1月29日

引っ越し業者から無料でもらう方法とは??

海太郎
契約した引っ越し業者に連絡することで、無料でダンボールをもらうことができます!

①どうやってもらうことができるのか??

②どれくらいダンボールがもらえるのか??

上記の2点についてお話していきます!!

どうやってもらうことができるの??

契約した引っ越し会社に電話等を通じて連絡することで、ダンボールをもらうことができます。

例えば、サカイさんに引っ越しを依頼した場合、サカイさんに電話してダンボールがほしい旨を伝えれば、ダンボールをもらうことができます。

当然契約していない引っ越し業者からもらうことはできません。

サカイさんに引っ越しを依頼したのに、アートさんにダンボールが欲しいと言っても当たり前ですが、ダンボールはもらえませんので注意してください。

どれくらいダンボールをもらえるの??

海太郎
もらえるダンボールの数は最大50枚という業者が多いようです。

実際には、契約した引っ越し業者さんに連絡して何枚もらえるか、どれくらいのサイズかは、事前に連絡して知っておくのがいいです。

以下に代表的な3業者からもらえるダンボールの数を記載します。

引っ越し業者 もらえる数 サイズ
サカイ引越センター 最大50枚 小(縦×横×奥行)33㎝×35㎝×32㎝

大 (縦×横×奥行)30㎝×46㎝×33㎝

アート引っ越しセンター 最大50枚

小(縦×横×奥行)35㎝×38㎝×24㎝

大(縦×横×奥行)35㎝×50㎝×35㎝

アリさんマークの引っ越し社 最大50枚

小(縦×横×奥行)32㎝×35.5㎝×34.5㎝

大(縦×横×奥行)35㎝×52㎝×34.5㎝

引っ越し業者さんからダンボールをもらうのが圧倒的におすすめ!!

海太郎
ダンボールのもらい先は圧倒的に引っ越し業者からもらうのがおすすめです!!!

ダンボールはお店でもらうより、引っ越し業者から無料でもらうのが圧倒的におすすめです!!

理由は以下の3点によるところが大きいです!!

ダンボールを無料でもらえる代表的な場所
  • 衛生面
  • 自分でサイズを探す必要がない
  • 労働的コスト

衛生面から見たメリット

まず1つ目のメリットは衛生面です。

スーパーマーケットが衛生面的に欠点があるとお伝えしたように、お店でダンボールをもらう際はダンボール自体が不衛生であるという危険性があります。

保管場所によりますが、あらゆる店で保管場所が悪ければ、ゴキブリやその卵が危険です。

もちろん必ずしもゴキブリ等を含め100%安全、綺麗というわけではありませんが…そのような衛生面から考えてみると、荷造りするお客さん用に用意されているダンボールは衛生面的な面からの安全性がはるかに上です!!

ダンボールにゴキブリが⁉招かれざる客「G」の新居への侵入を防げ!

2020年1月29日

サイズを探さなくてよいメリット

2つ目のメリットはサイズです!!

引っ越し業者からダンボールをもらう際は大小(Sサイズ,Mサイズ)の2つから選んでもらうことができます。

しかし、コンビニエンスストアやスーパーマーケットは自分の引っ越しに必要なサイズを自分で探さなければなりません。

やっとコンビニでダンボールを手に入れたDさん
せっかくラッキーでコンビニエンスストアでダンボールをもらうことができたのにサイズが小さいのしかなくて全然使えないよ…

これじゃ家の電子レンジが入らない…

外で自分が欲しいシンデレラサイズのダンボールを手に入れることは、運次第です。

引っ越し業者さんからもらうのは、かなり楽であると言えます。

労働コストのメリット

3つ目のメリットは労働コストです。

引っ越し業者さんにダンボールをもらう場合、ダンボールは自宅に送ってもらうことができます。

一方お店でダンボールをもらう場合は外に出て自分で探しに行かなければなりません。

ひこ助

大学時代に引っ越した時は、スーパーからダンボールをもらったけど家まで両手がふさがって歩くのはめちゃくちゃ疲れたよ…

引っ越し業者さんなら、労働コストは引っ越し業者さんに電話するだけです!!

もちろん引っ越し業者にもデメリットはあります。

圧倒的におすすめな引っ越し業者さんですが、もちろんデメリットもあります。

それは、以下の3つです。

①電話してから届くのに2~7日ほどかかること

②そもそもダンボールを無料でもらえない引っ越し業者も存在すること。

もらうのに時間がかかる

電話してから、2~7日ほど時間がかかるため、明日欲しいや、今すぐ欲しい場合は、残念ながら手に入りません。

早め早めから、電話し、ダンボールをもらう準備をしておくのが得策です。

ダンボールをもらえないケースも??

引っ越し業者さんによっては、ダンボールを無料でもらえないところもあるので注意してください。

特に注意していただきたいのが、家族での引っ越しの場合は無料でダンボールを用意してくれるが、単身者の引っ越しにはダンボールを用意してもらえない引っ越し業者さんの存在です。

自分がこれから引っ越しを依頼する業者さんが用意してくれるのかどうか事前に聞くことが最も有効な対策ですので、引っ越し業者さんを選ぶ際は注意してください!!

お店でもらうときが有利な時もあることを心の隅にとどめてください!

海太郎
デメリットがある以上、お店でもらうことの方が有利な場合があります。

そのような場合は以下の3つ。

お店でもらう必要がある時
  • 今すぐダンボールが欲しい時
  • 契約した業者さんからダンボールがもらえない時
  • もらった最大枚数では足りない時

基本的には、引っ越し業者さんのデメリットをカバーする場合に必要になります。

もらうお店のおすすめはあるの??

外のお店でのおすすめは、ドラッグストア・ホームセンターです!

理由は生鮮食品をほぼ扱わないため、ゴキブリ等のリスクが低くなるためです。

しかし、それでも外のお店でダンボールをもらう場合はどうしても衛生面のリスクがありますのでしっかり自分の目で選び、綺麗なものやにおいのしないものを選びましょう!!

まとめ

いかがでしたでしょうか??

まずは引っ越し業者さんを選択肢として考え、時点でお店からもらいに行くのがおすすめです!!

  • ダンボールをもらう方法は大きく2つ。お店と引っ越し業者。
  • 圧倒的に引っ越し業者がおすすめ!!!
  • お店からもらうときは引っ越し業者のデメリットをカバーするとき。

お店でダンボールをもらうときはくれぐれもゴキブリやにおいに気を付けてくださいね!!

 

まだ直接引越業者に電話見積もりをしているんですか?

その判断、めちゃめちゃ損ですよ。

引越業者が提示する金額が、一番安いとは限りません。

むしろ営業マンは「価格交渉をすることを前提」で話すので、何も知らないでいると「本来の2倍以上」お金を取られてるかもしれませんよ。

仮に単身引越しの金額が10万円と言われた場合、ホントは5万円程度で引越しができたかもしれません。

その差は5万円です!

お得に引っ越す方法を知らないだけで、悲劇が待っています。

働いて稼ぐとしても、時給1,000円として頑張っても50時間も必要です。

1ヶ月のうち4分の1も、タダ働きになっちゃいますよ。

ひこ助
逆に5万円あったら、何をしようかな?

もし引越し先にエアコンが無くても、あなたに知識があったお陰で、ほぼ無料で手に入りますよ。

引越しを頑張ったんだから、ご褒美に美味しいものを食べちゃいましょう!

上手に引越しをする人は、これと言って難しいことをしている訳ではありません。

「一括見積もりサイト」を活用して、「価格交渉をする」たったこの2つだけです。

どんな見積もりサイトが良いのか?

あなたに合ったベストな見積もりをしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です