意外と知らない引っ越し節約術!!大幅節約も夢じゃない??

一括見積もりって、お得に引っ越せる反面、「電話がしつこい」イメージがありますよね。

プロの営業マンから、1時間おきにかかってくる電話。

「できるなら、しつこい電話が一切無しに、格安で引越ししたい。」

そう思いますよね。

ひこ助

僕も一括見積もりには、かなり悩まされました。

5つの会社から順番に電話が鳴るので、かなりイライラして、妻に八つ当たりしそうでした。。。

しかも、業者が代わるだけで、毎回聞かれる内容は同じです。

これでは、引越しが嫌いになりますね。

ひこ助
「一括見積もりサイト」は便利なはずですが、僕には合っていなかったみたいです。

でも、中には僕の悩みが全て解消できる「すっごい見積もりサイト」があることを知りました。

ちょっとだけ話すと、

勧誘電話が一切来ないので、全くストレスがない。

専属の引越しのプロがついて、引越業者との価格交渉を丸投げできる。

ひこ助
「今まで何に悩んでいたんだろう?」と思うくらい画期的でした!

そんな「引っ越し業者選びで成功した方法」はこちらで詳しく紹介しています。

みなさんは、引っ越しをしたことはありますか?

何かとお金がかかりますよね・・・考えただけでも頭が痛くなります・・・(泣)

「どうにかこうにか安く済ませたい・・・」

「なにか良い節約方法はないか・・・」

そう思っている皆さん!!

今回は、引っ越しに役立つ節約術を紹介していきます!!

引っ越しの時期を見極めて大幅節約!!

ひこ助

引っ越し業者といってもいっぱいありすぎて、どこに頼めばいいのかわからない・・・

ひこ美

有名なところだと、高いんじゃないの?

誰しもが、このように考えると思います。

ですが、これから紹介するポイントさえ押さえておけば、必ず節約できちゃいます!

引っ越しをする時期も大事?

引っ越し業者の繁忙期は、3月〜4月です。

春休み、ゴールデンウィーク、夏休み、冬休みなどの大型連休も値段が上がるのでなるべく避けたほうが良いですよ。

そうなると、5月〜2月ですね(ˆˆ)

大型連休の前後は狙い目です!!

単身者の引っ越しの場合は、11月・12月・8月です。

2人以上での引っ越しの場合は、1月・11月が安いみたいです。

上旬か下旬かによっても、多少の変動はあります。

大体の方は、下旬がいいなぁ〜、なんて思ってしまいますよね(笑)

ですが安いのは、上旬〜中旬です!!

平日、土日、祝日も価格変動がありそうですよね!

ひこ助

平日のほうが安いでしょ!!

皆さんこう思いますよね??

意外とここでの価格変動は少ないんです!

ですが、平日に頼む人はやはり休日よりは少ないようなので、値下げ交渉次第ではお安くなる可能性もあるみたいです(ここだけの話です♫)

引っ越しの時期、日にちを決めたら、大事なのは、ここからです!!

引っ越しの作業を頼む時間帯はいつがいい??

作業を依頼する時間帯!!!これが最大のポイントになります。

大体の方が、朝から引っ越しをはじめ、早めに終わらせたいと思います。

引用元:SUUMOの引越

こちらを見て頂くと分かる通り、朝と夕方では、3倍近く料金が変わりますね・・・

時期や時間帯でこんなにも変わるとは、、、ビックリですね。

夕方が狙い目かと思いきや、18時頃はまた料金が上がっています。

11時〜17時、もしくは、19時以降と意外と幅は広めなので、日にちと合わせて良さそうな時間帯を業者ごとに比較してみるのもいいですね!

一括見積もりサービスを使って最安値で引っ越しを!!

インターネットで、引っ越しの内容を入力するだけで、無料で簡単に複数業者の見積もり比較ができるサービスです。

入力項目

  • 引っ越しする荷物の量
  • 引っ越し時期
  • 引っ越しで移動する距離
  • 現住所
  • 引っ越し先の都道府県
  • 引っ越しタイプ(家族、単身など) 

どのサイトであっても、約10〜20社を一度に比較できますよ。

これらを入力し、依頼したい業者を選ぶだけで簡単に大体の料金が比較できます!

引っ越し時期、作業の時間帯を決め、このサービスを利用すれば、最安値での引っ越しが実現できちゃいますね!

安心できる業者に頼んでみて下さい♫

梱包方法や荷物を運ぶ手段でさらに節約!!

引っ越しをする上で大事なのは、断捨離です。

運ぶ荷物の量によっても、料金が上がってしますので、必要な物以外はこの機会に思い切って捨てると良いですよ!!

家具や家電を買い換える場合は、古いものを買取・回収業者に頼んでお金に変えちゃうのもアリですね♫

梱包用段ボールを節約できちゃう?

引っ越しの時期が決まったら、コツコツ荷物詰めを始めてくださいね!

引っ越し日までに荷物詰めが終わっていない場合、引っ越し業者に手伝ってもらうと追加料金がかかってしまうのと、時間が押してしまい迷惑を掛けてしまいます。

そして、段ボールはなるべく自分たちで調達するのも節約ですね!!

スーパーやドラックストア、コンビニでも段ボールを無料で貰えるところがあるので、近所のお店などをチェックしてみて下さい!

先程紹介した、一括見積もりサービスを頼むと特典として、段ボールやガムテープを配っている業者も多いです。

あとは、引っ越し後の段ボールの処理方法です!!

業者で引き取りサービスをやっているのですが、有料です・・・(泣)

ご近所の迷惑にならない程度に、少しずつゴミの日に出すという方法は・・・果てしなさを感じますね。

根気のある方、家でしばらく段ボールと共に過ごすことが苦痛でない方は是非!!(笑)

あとは、車などの運べる手段があるのならば、自分たちで段ボール回収業者に持ち込んだほうが安く済むと思います。

荷物を運ぶ手段でさらに安くなる!?

最初に紹介したように、業者に頼むのがベストです!!

ですが、そこも節約したいという方もいらっしゃるかと思います。

自分たちで引っ越しの荷物を運ぶとなると、それなりのリスクもあります。

まずは、車が絶対的に必要になります。

この時代に車無くして引っ越しはほぼ無理だと思いますよ(笑)

  • 軽トラックをレンタルする
  • 家電含め全ての荷物を自分たちで運ぶ
  • 運んでる途中の揺れなどで物が壊れてしまった時も、もちろん自己負担

これらを考えると、業者に頼んでしまったほうが楽なのではないのか?と思いますよね。

でも、学生さんや社会人なりたての方などは、こういったリスクがあっても節約したいですよね!!

すごくわかります(笑)

高校卒業後、すぐに一人暮らしをしたAさんの体験談

いくら引っ越し費用を貯めていたと言っても、できるだけ節約したかったので、荷物詰めから荷物運びまで全部自分でやりました!!

その時は運良く、職場の2tトラックを借りる許可をもらい運転もでき、引っ越し業者での仕事を経験したことのある友達が手伝ってくれたため、かなり助かりました。(笑)

部屋からトラック、トラックから新居までの荷物運びはものすごく大変でしたし、数人の男性の力がなければ絶対にできない作業でした。

その時は、女性2人の他に、男性4人が手伝ってくれたので、だいぶ楽でした!

荷物の少ない一人暮らしの場合なら、この人数で十分だと思います!

ただ、これはごく稀なケースですのです。

最初から最後まで全部自分たちでやるという方は、リスク承知の上で安全に!事故なく!しっかり気をつけて行って下さいね♪

まとめ

色々な引っ越し節約術を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

大切なのは…

  • 引っ越しの時期は3月〜4月を避ける
  • 月の上旬で平日の12時〜17時が狙い目
  • 一括見積もりで引っ越し業者を比較し、自分の引っ越しスタイルに合った業者を選ぶ
  • いらない家具、家電は買取、回収業者に頼む

以上、ご紹介した方法を使って引っ越しの大幅節約を実現してくださいね。

ひこ助

だいぶ引っ越しが節約できたね!!

ひこ美

これで新転地での生活が楽しめるわ♪

まだ直接引越業者に電話見積もりをしているんですか?

その判断、めちゃめちゃ損ですよ。

引越業者が提示する金額が、一番安いとは限りません。

むしろ営業マンは「価格交渉をすることを前提」で話すので、何も知らないでいると「本来の2倍以上」お金を取られてるかもしれませんよ。

仮に単身引越しの金額が10万円と言われた場合、ホントは5万円程度で引越しができたかもしれません。

その差は5万円です!

お得に引っ越す方法を知らないだけで、悲劇が待っています。

働いて稼ぐとしても、時給1,000円として頑張っても50時間も必要です。

1ヶ月のうち4分の1も、タダ働きになっちゃいますよ。

ひこ助
逆に5万円あったら、何をしようかな?

もし引越し先にエアコンが無くても、あなたに知識があったお陰で、ほぼ無料で手に入りますよ。

引越しを頑張ったんだから、ご褒美に美味しいものを食べちゃいましょう!

上手に引越しをする人は、これと言って難しいことをしている訳ではありません。

「一括見積もりサイト」を活用して、「価格交渉をする」たったこの2つだけです。

どんな見積もりサイトが良いのか?

あなたに合ったベストな見積もりをしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です