引っ越しをファミリーですると相場っていくら?安くするコツは!?

一括見積もりって、お得に引っ越せる反面、「電話がしつこい」イメージがありますよね。

プロの営業マンから、1時間おきにかかってくる電話。

「できるなら、しつこい電話が一切無しに、格安で引越ししたい。」

そう思いますよね。

ひこ助

僕も一括見積もりには、かなり悩まされました。

5つの会社から順番に電話が鳴るので、かなりイライラして、妻に八つ当たりしそうでした。。。

しかも、業者が代わるだけで、毎回聞かれる内容は同じです。

これでは、引越しが嫌いになりますね。

ひこ助
「一括見積もりサイト」は便利なはずですが、僕には合っていなかったみたいです。

でも、中には僕の悩みが全て解消できる「すっごい見積もりサイト」があることを知りました。

ちょっとだけ話すと、

勧誘電話が一切来ないので、全くストレスがない。

専属の引越しのプロがついて、引越業者との価格交渉を丸投げできる。

ひこ助
「今まで何に悩んでいたんだろう?」と思うくらい画期的でした!

そんな「引っ越し業者選びで成功した方法」はこちらで詳しく紹介しています。

転勤や家を建てたり、買ったりしてファミリーで引っ越しをする方も多いですよね。

ひこ助とひこ美も費用の相場について悩んでいます。

ひこ助

費用はいくらかかるんだろう?

相場ってどれくらいかな?

ひこ美

少しでも安くできるのかな?

そこで、家族で引っ越すと費用の相場はいくらなのか、少しでも安くするコについて紹介します。

相場っていくらくらいなの?

料金の相場は家族の人数や移動距離によって異なる!

引っ越し費用は、荷物の多さや移動距離により異なります。

荷物が増えたり、距離が離れるほど金額は高くなりますよ。

「引越し侍」で相場を調べると下記の費用が掲載されていましたよ。

距離 3人家族 4人家族 5人家族以上

~15km未満

(同市区町村程度)

平均

60,000円

平均

64,800円

平均

78,000円

~50km未満

(同都道府県程度)

平均

70,000円

平均

90,000円

平均

68,000円

~200km未満

(同一地方程度)

平均

82,000円

平均

90,000円

平均

140,300円

~500km未満

(近隣地方程度)

平均

120,225円

平均

130,000円

平均

195,000円

500km以上

(遠距離地方程度)

平均

185,000円

平均

220,000円

平均

210,000円

引用:引越し侍

この表は、通常期の平均金額です。

繁忙期(3月・4月)は通常期より2~13万円高いですよ。

このように、人数が1人増えると1~2万円金額が上がります。

これは、段ボールや家具などの荷物の量が増えるからです。

荷物が増えると、使用するトラックの容量やサイズが異なるので金額が高くなります。

転勤族の方など引っ越しを多くされる方は、できるだけ荷物が少ないほうが金額が安くなりますよ。

ひこ助

人数が増えると荷物も増えるよね。

距離によってこんなにも金額が違うなんて驚いたよ!

ひこ美

繁忙期はすごく費用が高くなるんだね!

時期によっては料金が高い!

先ほどの表でもありましたが、通常期と繁忙期では同じ人数や距離でも金額が異なりますよ。

繁忙期とは、3月と4月の引っ越しシーズンのことです。

大学生になる方や新社会人になる方が一斉に引っ越しをするので、1年で1番金額が高くなります。

通常期とは、3月・4月以外の月のことです。

日によっては高い日もありますが、料金が安いため通常期と呼ばれています。

大体、繁忙期では通常期の料金の2~3割増と言われていますよ。

引っ越しの時期を選べるなら、通常期にするだけで金額を抑えることができますよ。

ひこ助

引っ越しシーズンと呼ばれている時期があるのは知っていたけれど、こんなにも金額の差があるなんて驚いたよ。

ひこ美

びっくりだね!

時期を選べるなら通常期がいいね。

引っ越し費用の相場っていくらなの?相場よりも値段を安くできるの?

2019年12月24日

安くするコツってあるの?

安くなる時間帯がある!?

通常期を選ぶこと以外にも日時によって料金を安くすることができますよ。

日時を選ぶポイント
  • 平日や仏滅に行う
  • 時間帯を午後にしたり、時間指定をしない

日時は、他の人が選ばない日や時間帯を選ぶことで料金が少し安くなります。

休日や午前中は、たくさんの人が利用したいと思っているので、金額が高くなっています。

夏休みに引っ越しをしたAさん家族の話

私達家族は、子どもの夏休み期間に引っ越しをしました。

繁忙期を避けると安くなることは知っていたので、この時期にすることにしました。

しかし、他にも同じように引っ越しをするファミリー世帯が多かったので、他の通常期よりも少し料金が高くなってしまったので、夏休み期間も少し料金が高くなることを知らなかったので調べなかったことを後悔しました。

時期をずらすことは学校のこともあり難しかったので、少しでも料金を抑えるために平日に行いました。

少しでも金額を抑えたい方は、みんなが選ばない日時を選択するといいですよ。

ひこ助

休みを取れるなら平日もいいね!

ひこ美

そうだね。

ちびちゃんがいるから時期をずらすことは難しいけど、日時を選ぶことはできるね!

複数の業者で見積もりを取ろう!

引っ越しをするときは、複数の業者(3~4社)から見積もりを取ることをオススメしますよ。

1社だけにしてしまうと、その時期の相場を知ることができません。

見積もりを高くされていても、気づくことができないので、最低でも3社から見積もりを取るといいですよ。

また、何社にも連絡をすることが大変という方には「引っ越し侍」のような一括見積もりサイトを利用すると、簡単に金額の比較ができるのでオススメですよ。

ファミリープランを利用しよう!

引っ越し業者では、以下のような家族向けのプランが用意されています。

  • 荷造りと荷解きを自分達で行うプラン
  • 荷解きのみを自分達で行うプラン
  • すべてをお任せするプラン

料金は全て自分達で行うプランが一番安いです。

しかし、全てを自分達で行うととても大変ですよね。

子どもがいる家族では、なかなか準備等が難しいと思うので、料金を抑えたい方には、荷解きのみを自分達で行うプランをオススメしますよ。

ひこ助

ちび助の面倒をみながら荷造りや荷解きをするのは大変だから、僕たちは全てお任せしたいよね。

ひこ美

そうだね。

料金は安くしたいけど、手間も省きたいからお願いしたいね。

まとめ

ファミリーでの引っ越しの相場や安くするコツは?

  • 相場は、家族の人数や移動距離、時期によって異なる
  • 他の人が選ばない日時の方が料金が安い
  • 複数の業者で見積もりを取って比較する
  • ファミリープランを利用する

大体の引っ越しの相場が分かると準備がしやすいですよね。

「この金額は高いのか安いのか分からない」

と感じる方も多いと思います。

相場を知っているだけで、引っ越し業者を選びやすくなるのではないでしょうか。

みなさんの引っ越しに役立ててもらえると嬉しいです。

ひこ助

相場を覚えて僕達の引っ越しのときに役立てよう!

ひこ美

うん!

安くなるコツも活かしたいね。

まだ直接引越業者に電話見積もりをしているんですか?

その判断、めちゃめちゃ損ですよ。

引越業者が提示する金額が、一番安いとは限りません。

むしろ営業マンは「価格交渉をすることを前提」で話すので、何も知らないでいると「本来の2倍以上」お金を取られてるかもしれませんよ。

仮に単身引越しの金額が10万円と言われた場合、ホントは5万円程度で引越しができたかもしれません。

その差は5万円です!

お得に引っ越す方法を知らないだけで、悲劇が待っています。

働いて稼ぐとしても、時給1,000円として頑張っても50時間も必要です。

1ヶ月のうち4分の1も、タダ働きになっちゃいますよ。

ひこ助
逆に5万円あったら、何をしようかな?

もし引越し先にエアコンが無くても、あなたに知識があったお陰で、ほぼ無料で手に入りますよ。

引越しを頑張ったんだから、ご褒美に美味しいものを食べちゃいましょう!

上手に引越しをする人は、これと言って難しいことをしている訳ではありません。

「一括見積もりサイト」を活用して、「価格交渉をする」たったこの2つだけです。

どんな見積もりサイトが良いのか?

あなたに合ったベストな見積もりをしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です