引っ越しするのに5月の相場はどうなの??安くする方法教えます!!

一括見積もりって、お得に引っ越せる反面、「電話がしつこい」イメージがありますよね。

プロの営業マンから、1時間おきにかかってくる電話。

「できるなら、しつこい電話が一切無しに、格安で引越ししたい。」

そう思いますよね。

ひこ助

僕も一括見積もりには、かなり悩まされました。

5つの会社から順番に電話が鳴るので、かなりイライラして、妻に八つ当たりしそうでした。。。

しかも、業者が代わるだけで、毎回聞かれる内容は同じです。

これでは、引越しが嫌いになりますね。

ひこ助
「一括見積もりサイト」は便利なはずですが、僕には合っていなかったみたいです。

でも、中には僕の悩みが全て解消できる「すっごい見積もりサイト」があることを知りました。

ちょっとだけ話すと、

勧誘電話が一切来ないので、全くストレスがない。

専属の引越しのプロがついて、引越業者との価格交渉を丸投げできる。

ひこ助
「今まで何に悩んでいたんだろう?」と思うくらい画期的でした!

そんな「引っ越し業者選びで成功した方法」はこちらで詳しく紹介しています。

喫茶店でおしゃべりするひこ美とちか子。

ひこ美

今年のGW(ゴールデンウィーク)は長かったねー。

ちか子はどこか遊びに行った?

ちか子

うん!

海外旅行に遊びに行ったんだけど、思った以上に旅行代が高くてびっくりしたけど楽しかったわね。

ひこ美

そうなんだー。

休みになるとみんながいろんなところに遊びに行きたくなるから高くなるのかしら。

ちか子

本当はウチ、引っ越しがしたかったんだけど、GWの料金が繁忙期並みに高いのにびっくりしたのよ。

そんなに高いのだったら遊びに行ったほういいと思っちゃって。

どうしてあんなに高かったんどろう?

ひこ美

5月って閑散期になるから安いって思ってたけど、違ってたのかな?

みなさんは5月の相場について知ってますか?

世間一般には繁忙期の4月が過ぎるから、「安くなるんじゃないの?」と思っている方も多いですよね。

しかし、それだけの知識だと必ず損をしてしまいます。

今回は5月の引っ越しの相場を見ながら、安くする方法についてお伝えします!

平均相場ってどのくらいなの?

ひこ美

2~4月が繁忙期だから5月はその時と比べて安くなるのかしら?

その通りです。

5月は繁忙期と比べると、相場が落ち着きますので引っ越しやすい料金になります。

それでは参考に3月と5月を比べてみます。

繁忙期となる3月

人数 単身 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族
3月の料金相場 60,374円 102,012円 122,595円 122,958円 109,518円

閑散期となる5月

人数 単身 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族
5月の料金相場 39,732円 78,702円 79,990円 96,868円 80,447円

※相場は市場の変化等により大きく変動する場合がございますので、あくまで目安としてご利用ください

出展:引越し侍

表を見てもわかるように、3月は5月と比べ1.5~2倍の料金なっています。

基本的には、閑散期と考えて無理なく引っ越しができますよ。

5月はいつが高くなるの?

5月は引っ越ししやすい料金になります。

しかし、注意点もあることも忘れてはいけません。

次は、隔週ごとの引っ越し料金はどのくらいになるのか見てみます。

5月第1週 5月第2週 5月第3週 5月第4週
平均金額 64,942円 64,112円 60,046円 60,909円

出展:引越し侍

GWのある第1週はやはりほかと比べる高めですね。

第2週もまだ高いままの時があることも覚えておくといいですよ。

繁忙期の料金が続いていることと、最近は「引っ越し難民」が多くなり、最終的に引っ越しを決める日にもなっているので高くなります。

補足
引っ越し難民とは?

3~4月に引っ越しをしなければならない人が引っ越しできずに困っている人のこと。

原因としては、繁忙期による料金の高騰や人手不足、働き方改革による一日に受け入れる件数が減ったためなど、様々な要因がある。

このような状態にならないためにも、転勤が多い人、大学生などひとり暮らしを始める予定のある人は、早めの行動が必要になる。

ひこ助

僕たちも引っ越し難民にならないように気をつけないとね!

それでは、次に具体的に5月の料金を安くする方法について紹介します。

引っ越しを格安にする方法はこの4つ!

一括見積もりを使おう!

業者を使う場合は必ず見積もりを行いましょう!

比較検討をすることで、先ほどの表と見比べながら本当に安くできるかを確認できます。

もし、頼みたい業者があったとしても見積もりをしたほうが得策です。

なぜなら、見積もり交渉のときに他社の安い料金を伝えることで価格を下げることができるかもしれないからです。

また、5月は繁忙期と比べて価格交渉がしやすくなるので使わない手はないですね。

GW後の平日を狙え!

平日がいいのかと思い、明けた初日を狙うのは一応やめておいたほうがいいですよ。

選び方にもコツがあります。

まず選ぶ曜日は火~木曜日の3日間がおすすめです。

この日は一般的にはお仕事をしている人が多く、引っ越しをしようと思う人がいないためです。

だから、引っ越し業者は「安くていいから引っ越し案件をもらおう」という意識が働くためだからです。

ここからさらに安くしたいのならば、午後にするのがいいですよ。

理由は、午前に比べて人気が低いため比較的安く提供されているからです。

ひこ助

ということは、火~木曜日の午後を狙うのが良さそうだね。

検討してみようかな!

時間に余裕があるならフリー便!

さらに時間が余裕がある人は「フリー便」を使うと良いです。

これは時間を指定せず、業者の都合に合わせるため格安で引っ越しができます。

ただし、本当に時間がある人のみがオススメです。

時間が不明確になるため、たまたまその日が忙しい日と重なってしまうと夜遅くの引っ越しになる可能性もあるので注意しましょう。

近所の人には念のため伝えておくのがいいですよ。

夜逃げと思われても困りますので(笑)。

縁起を気にするな!

引っ越しには縁起が良い日と悪い日ががあるのはご存知ですか?

結婚式などのお祝いごとには「大安」や「友引」のように人気の日があります。

引っ越しも同じように、縁起の良い日は人気があるため料金が高くなっている場合もあります。

縁起の良くない日には、「仏滅」や「赤口(しゃっこう)」があります。

そのようなことを気にせず、安く引っ越したいのならばこのような日も選んでみるのも良いですよ。

引っ越そうと思ったちか子
ちか子

ウチは、GWに引っ越しをしようと思って4月の初め頃に引っ越し見積もりを出したのよ。

そしたら、とても高かったことに気づいたの。

閑散期の休日感覚でいたから、なんでと思ったのだけれど、調べていくうちに引っ越しできなかった人たちが5月まで流れてきたことがわかったのね。

だから、既に予約も多い状態でそれでも引っ越したいのなら、この値段ってことだったのよね。

でも、何も考えずに引っ越してたら損になっちゃうから気づいて良かった!

まとめ

5月の引っ越しを格安にするには、

  • 見積もりを必ず行い、価格交渉の材料にする
  • GW後の平日で火~木、できれば午後
  • 指定便よりフリー便
  • 仏滅、赤口など不人気の日を選ぶ

の4つです。

5月は繁忙期を過ぎているので、相場は比較的落ち着いてきます。

安くなった引っ越し料金をさらに格安にするには、情報を知っているかどうかです!

皆さんもたくさんある情報から上手く選択して、賢い引っ越しをしてくださいね!

まだ直接引越業者に電話見積もりをしているんですか?

その判断、めちゃめちゃ損ですよ。

引越業者が提示する金額が、一番安いとは限りません。

むしろ営業マンは「価格交渉をすることを前提」で話すので、何も知らないでいると「本来の2倍以上」お金を取られてるかもしれませんよ。

仮に単身引越しの金額が10万円と言われた場合、ホントは5万円程度で引越しができたかもしれません。

その差は5万円です!

お得に引っ越す方法を知らないだけで、悲劇が待っています。

働いて稼ぐとしても、時給1,000円として頑張っても50時間も必要です。

1ヶ月のうち4分の1も、タダ働きになっちゃいますよ。

ひこ助
逆に5万円あったら、何をしようかな?

もし引越し先にエアコンが無くても、あなたに知識があったお陰で、ほぼ無料で手に入りますよ。

引越しを頑張ったんだから、ご褒美に美味しいものを食べちゃいましょう!

上手に引越しをする人は、これと言って難しいことをしている訳ではありません。

「一括見積もりサイト」を活用して、「価格交渉をする」たったこの2つだけです。

どんな見積もりサイトが良いのか?

あなたに合ったベストな見積もりをしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です